2013年12月29日日曜日

無線LANを使ってみました。

年の瀬も押し迫った中で、居間のコタツにどっかりと陣取り仕事をしています。なにせ新鋭のノートパソコンを手に入れたものですから、寒い仕事場で震えながら仕事をやるよりも、陽当りが良くて暖かいコタツに潜り込んで仕事をするのは最高です。
そうそう、世間並みに昨日から年末年始の休みに入ったのでありますが、ちょっと考えてみると私の場合は、どこまでが仕事でどこからが遊びなのか、はっきりとしていないのであります。それで結局普段の日となんら変わらないパターンの生活をすることになってしまいます。

私の昔からの仲間のun_chanから昨日のブログにたいしてコメントがありましたので書き出しておきます。 
 新しいPCいいですね。
 最近は、PCを更新する頻度が相当減ったうえに、昔のようにautoexec.batやらconfig.sysをいじってメインメモリを確保しないと起動しないなどということもなくなってしまい、寂しいところもありますが、確実に家電化してますね。 
まったく環境ファイルをエディターでいじることもなく、CD やDVDを一枚も使うこともなく、これまでメーンで使っていたディスクトップパソコンとほとんど同じような環境を整えることができたのには驚きであります。
パーソナルコンピューターと言われていた時代とはまったく違うものがここにあるのだと改めて感じさせられます。

今朝方、コタツで仕事をしていますと、昨日に引き続きあんちゃんがやってきて
「オヤジー、このLANコード邪魔だな、なんで無線LANにしないんだ?・・・・」
本日も少々ムッとしたのだが、やはり仕事部屋から引っ張っているLANコードはいかにも邪魔であります。どうも昔の人間ですから、無線LANは信用できないような思い込みがあるのです。
ま、いずれ設定しなければいけないのだからと思い、渋々設定にかかったが、パスワードがどうしても通らないのであります。
見かねたあんちゃんが自分のパソコンを参考にして、設定してくれました。ウーム、まさか息子に自分のパソコンの設定をしてもらうとは夢にも思っていなかったよ。こうして時代は確実に進んで行くのでありました。

そして、無線LANを使ってみて驚きました。速度は有線LANとほとんど変わらないではないですか、もっというとほとんど違いを見つけることができませんでした。こうして私はドンドンと時代から取り残されていくんですね。

2013年12月28日土曜日

高価なおもちゃなのか

最近のパソコンにはHDMI(エイチ-ディー-エム-アイ) High-Definition Multimedia Interface(高精細度マルチメディアインターフェース)がついているのでパソコンとテレビが直接つながります。この機能は結構嬉しいものであります。
たとえば、過去の旅の様子の写真や動画をまとめてVTRに編集してしまうということをやっていますが、途中までの作りかけの動画も大画面の液晶で試すこともできます。
テレビの方には5チャンネルスピーカーをつけてありますから、大画面の高音響で楽しむことができるわけであります。
これまでは、VTRをきっちりと完成させてからDVDに入れてとかなり面倒な手順を踏まなければ自分で作成した動画をテレビでみることができませんでしたが、これからは手軽に見ることができるようになったわけであります。当然YouTube動画もネット配信の映画やドラマも簡単にみることができまして、ますます既存のテレビ番組を見る機会が減ってきました。と、いうよりもほとんどライブではテレビをみなくなってしまいました。

昨夜居間のこたつでノートパソコンをいじっていましたら、息子が仕事から帰ってきまして、開口一番に
「お!オヤジ、また新しいおもちゃを買ったのか?」
とのたまいました。いささかムッとしたのですが、確かに他人からみれば高価なおもちゃに過ぎないのかも知れませんね。

2013年12月27日金曜日

ようやく待望のノートパソコンがきました。

最短5日間で納品します。なんていうのは大嘘で10日ぐらいかかりましたね。メモリーを16GBに追加しただけなのに在庫がないなんていうのでありました。在庫がないのなら秋葉原まで走れよ、東京製造を売り物にしてんだから。
HPはバカみたいな会社だよ。こんなんじゃ長くはもたないと思うな。ま、長く待たされたけど手に入ったのだから忘れてやることにするか。
大画面17インチでありますから、重いです。これは予想していたことでありますからいいのです。持ち運べるディスクトップのつもりで購入したのでこれでいいのであります。持ち運ぶといってもほとんどの場合が車でありますから、大きさや重さはほとんど考えていないのであります。
一番重要なのが、画像編集ソフトやビデオ編集ソフトがサクサクと動くということであります。
午前中に到着しましたので、環境設定をしました。驚くことにもうほとんど終了しているのですが、1枚もCDなりDVDを使っていないのです。すべてのソフトがネットからのダウンロードで済んでしまっているのであります。
またはメールアドレスとパスワードでログインしてしまえば、自分のデータもクラウド側にあるので面倒な設定が一切無しで、住所録やら、メールアドレス、その他諸々のデータもそれで済んでしまうのでありました。昔は山のようにCDを積み上げてインストール作業をやったものですが、これはこれでなんか寂しいような気がしないでもありませんね。
それからWindows8になってから、ネットワークの設定が楽になりましたね。確かXPのときにはどうしてもできなくて、あきらめてしまい、DropBoxに走った気がします。
このブログは炬燵に入って、録りためた貯めたビデオを見ながら書いています。細かな設定は使いこなしながらやっていくことにします。

2013年12月21日土曜日

我が家にも宇宙人現れる(アウトドア ヒューマノイドスリーピングバッグ 人型寝袋)

これは誰が見たって、怪しいでしょう。この姿で家族全員を脅かしまくりました。全員ギョットして本気で驚きまして、それが私だとわかった途端に逆襲してくるのでありました。

いやぁ、久しぶりに楽しい一日でありました。これだけで大満足であります。

何日前かのテレビ東京のワールドビジネスサテライトという番組の「トレたま」だったかな、そこで紹介されていた商品がこれであります。


この番組はビデオで収録してあるものを、次の日の朝か、暇な時に見るようにしてあるのですが、ここ2,3日は寒さも厳しく、仕事中はエアコンを使わない身としては、結構寒さが応えておりました。
こういう寝袋があることは以前から知っていましたが、なんだか如何わしいものに思われて、歯牙にもかけませんでした。
以前に集金にきていた、信用金庫の誰さんだったか名前は忘れてしまいましたが、自慢気に私に話をしたときのことを思い出しました。
それでAmazonであらためて検索してみましたら、結構な種類があるのであります。本当は-5℃仕様のダウンのものにしようと思ったのですが、口コミを読んでますと、羽毛が飛び出してしまうというのが結構多かったので、敢えて避けました。ダウンの寝袋は持っていますし、最近は布団までがダウンになってきました。主に仕事中に着用するものですし、部屋の中は決して-5℃にはならないのでと思いこの商品にしました。ダウンの商品に比べると半額でありました。
昨日注文して本日の朝に到着しましたので、さっそく着込んでみました。まったくの寒さ知らずであります。それでこれを着てウロウロ家の中を歩く姿をみて、最初に妻が発見して叫び声をあげました。次に次男がトイレに入ったの見て、出るのをじーっと待っていましたら、これは本当に驚いたらしくて、出てきたトイレの中に逃げ込んでドアを閉めました。




今朝きたばかりですが、まだ寝袋として使ってはいませんけど、さっそく今晩あたりには使ってみようかなと思っています。

快適なのはいいのですが、問題がひとつあります。この格好で人前に出て行くにはかなりの度胸を必要とすることであります。私の家には結構宅急便屋さんがくるのです。私を筆頭に息子たちもネットで買い物をするものですから、多い時には一日に3度なんてこともあります。その時にどうするかであります。結構着脱が面倒なのであります。

またしばらくしましたら、使用感を書いてみたいと思います。今のところはかなり気に入っています。

2013年12月20日金曜日

HTML5はJavaScriptの塊なのであります。

いよいよ、今年も押し迫ってきましたね。なぁんて心にもない挨拶で始めてしまいました。最近は今日の次は明日っていう感覚のなかだけで淡々と生活していますから、あまり押せ迫ってきたなんていう感じは無いのであります。ただ世間並みに私も忙しいのだと見栄を張ってみたかっただけのことでした。
ここ数日は一段と寒さが増してきたようであります。冬ですからね寒いのはあたりまえのことですから、どこぞのワイドショーのようにことさらに大声をあげる必要もないことだと思うのだが。

さて、相変わらず朝から晩まで新たなホームページを開発しているのですが、最近はどうしても動作しないで七転八倒するということは以前に比べれば少なくなったような気がします。だからといって決して開発が順調に進んでいるとは言いがたいのも確かなのではありますけれども。
また新たな機能盛り込んだ際に、「とにかく動作すればいいや」の電脳職人を目指しているとは思えない精神が垣間見えるのは、いささか情けないと反省はしているのです。ただあまり、原理原則にこだわっていると、いつになっても完成することがなくなってしまいますので、そのあたりの兼ね合いが難しいところであります。
以前にちょっとだけ書いたのですが、「HTML5とCSS3での開発はJavaScriptの塊になってしまう
」ということですが、それは本当のことであります。とくにレスポンシブWEBなんてのを目指し始めますと、もうそうせざるを得なくなってしまいます。そして私はJavaScriptの表面だけしか理解していないのであります。それらの面倒な作業はぜーんぶDreamweaverに任せてしまっています。
それにFlashを使わずにEdge Animateで動画を作成するとなりますと、これもJavaScriptの塊であります。で、気の利いたタブやAccordionなどを使いますと、またまたJavaScriptの依存ファイルとコードがどかどかと入ってくるわけであります。
最初の頃はこのJavaScriptの多さに違和感を覚えましたが、やっているうちにそれがあたり前のような感覚になってしまいました。これからのホームページ制作ではJavaScriptは必須の要件になっていくでしょうね。
いやすでにホームページはJavaScriptの塊になってしまっているのであります。

2013年12月16日月曜日

性懲りもなく、ノートパソコンを買ってしまいました。

久しぶりの書き込みになってしまいました。なんだか冗談でなくて忙しくて参っています。どうも自分の性格は忙しいのには向いていないのだということが良くわかります。こう忙しくなってくると逃げ出したくなってくるもので、どこかへ旅に出たくなってきます。ところが私の得意とする場所はすべからく雪の降るところばっかしであったのです。出かけたいけど寒いのは嫌だということで・・・・・。

メモリーを今回は16GBにしました。自宅のパソコンは現在8GBで動画編集でもストレスもなく動いているので、32GBではオーバースペックになるだろうし、予算も足りなかったのでAdobeCCが動作すれば文句なありませんを基本に考えました。以下が今回発注したノートパソコンであります。

HP ENVY 17-j100/CT Leap Motion SE
Windows 8.1 (64bit)
インテルCore i7-4702MQプロセッサー (2.20-3.20/6)
17.3インチフルHDブライトビュー・タッチディスプレイ
ナチュラルシルバー
内蔵Leap Motionコントローラー
指紋認証機能付き
16GB (8GBx2)
2TB ハードドライブ (5400回転 1TB×2)
NVIDIA GeForce GT 750M グラフィックス (4GB)
DVDスーパーマルチドライブ
日本語配列バックライトキーボード (テンキー付き)
Beats Audio スピーカー(クアッドスピーカー)+サブウーファー
HP TrueVision HD Webcam
IEEE802.11b/g/n+Bluetooth
内蔵Gigabit LAN (10/100/1000)
リチウムイオンバッテリ(6セル)
マカフィー リブセーフ(30日版)
1年間引き取り修理サービス

現在はPanasonicのレッツノートを使っているのですが、さすがに画像処理をするにはちょっとという状態になってきました。考えてみたら、このノートパソコンが我が家では最強、最速のマシンみたいであります。

2013年12月11日水曜日

カセットボンベが3本で248円であったので、30セット買い集めた。合計90本です。

師走になって、忙しく走り回っているのですが、相変わらずバカをやっています。ある日に昼ごはんを食べに車で出かけて目に入ってきたのが「業務スーパー」であります。
外環道路の建設によって、かなりの面積で隣近所が立ち退きを強いられたので、元々少なかった近所のラーメン屋さんとか蕎麦屋さんを初めとした、飲食店がほぼ絶滅状態となっているので、悲しいかなちょっと外で昼食を食べるとなると一々車を使わなければならないのであります。以前はマメに昼ごはんを自分で調理していたのですが、心に波がありますから、最近はそれがとっても煩わしく感じられて、毎日のように昼ごはんを食べに車で出かけているのであります。そんな時に目についたのが「業務スーパー」であります。

そういえばしばらく、このスーパーにも来ていなかったなと思い、何気なく店に入っていったのです。本当はこれといって買う品物がなくて、不容易にスーパーになど入っていけないのであります。
案の定、いろいろ余分なものを物色していたら、隅のダンボールに3本セットのカセットボンベが5個ほど陳列してありました。値段をみたらなんと「248円」となっていました。
4年ほど前に、白井にあるかなり大きなジョイフルホンダにて、60本ほどをまとめ買いして以来、カセットボンベを購入したことがなかったので安いのか高いのかの判断がつきません。それでも、自宅のカセットボンベも残り少なくなってきたことを思い出し、迷わず5セット全部を買い物カゴに入れました。
夕方妻が帰宅したのでカセットボンベの相場というのを聞きましたら、1本あたりが100円前後ということなので、1本あたり89円というのはかなり安いというのが理解できました。ネットで検索してもかなり安い部類に入るといいうのがわかりました。
そうなると、このバカ頭はいけません。寝ても醒めてもカセットボンベが全体を占めてしまいます。それから毎日のように昼ごはんを食べに行った帰りに5セット単位で買いためてきました。そして、昨日90本に達したあたりで、店には在庫が無いということが判明しました。金曜日の午後には入荷するということでありました。
現在、また買いたすかどうか思案中なのであります。ね、やっぱりバカでしょ。

2013年12月7日土曜日

Dreamweaverは遅すぎます。だからEdge Code CCを併用しています。

ここんところ珍しく忙しいのです。だから毎日走り回っているのです。だから、私は久しぶりに師になったのです。
なんてバカなことを相変わらずのたまっているのでありました。毎週月曜日の昼ごろに生協から1週間分の注文商品が届くのでありますが、それを受け取るのはいつも自宅に籠っている私の役割となります。いつものように商品を受け取っていた中に、なんと来年の「しめ飾り」が入っていたのであります。私は思わずのけぞってしまいました。そうか時代は神様をも宅配で購入する時代かと妙に感心してしまったのであります。
開発にも疲れてきた時に、試しにAmazonで「しめ飾り」を検索してみましたら、予想したとおりに
左の写真なるものが出てきました。値段の高い順に並べ替えてみたら、しめ飾りとしてはこれが一番高額でありました。だからどうしたということではないのですが、なんか変だなと違和感を持ったわけでありますが、「しめ縄」をどこで調達しようが、正月に玄関前に掲げておけば、生協で購入したなんてことはわからないわけでありまして・・・、でもなんか変だな。
以前にAdobeのDreamweaverがオソロシク遅いと書いたのですが、それは冗談ではない遅さで、しばらく我慢して開発していたのですが、もうその我慢の限界も超えてしまいました。そこで使い始めたのが同じAdobeのEdge Code CCというテキストエディタ-であります。テキストエディタ-などはどれでも良かったのですが、毒を食らわば皿までもということで試してみることにしました。まだ日本語版は無いのですが、エディターで使われている英語などは、英語アレルギーの私にも理解できることばかりなので何らの不都合はありません。
使ってみた感じは、それほど便利というわけでもありませんが、HTMLとかCSSに特化されているので、便利というか、Dreamweaverのクソのろい動作から逃れられるだけマシということでしょうか。
試しにDreamweaverとEdge Code CCを同時に立ちあげておいて、同じファイルを編集しますとDreamweaver側に戻りますと「他で編集されています、更新しますか」のような英語のメッセージが表示されますから、迷わず更新します。同じようにDreamweaverで編集を行い、Edge Code CC側に戻りますと、同じような英語のメッセージが表示されますから、更新を行うことによって同期されるということであります。最近はもっぱらこの方法で開発を続けていますが、基本的にDreamweaverの編集におけるスピードさえ上がればこんなややこしい方法をとらなくても済むのではないかと思います。ガンバレAdobeですね。


2013年12月5日木曜日

憧れてしまうのは「電脳絵師」とか「電脳職人」ですね。

いやはや、まったくです。ブログ更新をサボっているうちに、瞬く間に12月に突入しまして、しかも5日目でもあります。残り少なくなった2013年が益々少なくなってしまっていました。なんのこっちゃ。
ここ何年かは年末年始になると急に忙しくなるという、怠け者の節句働きのような事になっています。昨年から今年にかけても、正月休みなんてのはほとんど取らなかったような気がします。

さすがに昨年ほどではないのですが、この年末もあれやこれやと仕事が入ってきて、なんだか怪しい雲行きになってきました。こうなってくるとノンビリとソフトのお勉強なんてものはやっていられなくなってきました。ただこれまで蓄積してきた技術は、やはりどこかにそーっと忍び込ませて置きたいと思うのが職人魂であります。「え?いつから職人になったんだって」なんて突っ込まないでくださいよ、それは私のささやかな願望なのでありますから、「電脳職人」なんていいじゃないですか。

というわけで本日からブログ復帰であります。

2013年11月29日金曜日

自前のサーバーを持つべきだ

またまた、3日間ほど更新をサボってしまいました。この間に性懲りもなく新しい事に挑戦していたわけであります。ただ、何に挑戦していたのかということをあまり詳しく書くと、それに成功した場合はいいのですが、失敗した場合はあまりに格好が悪いのではないかと思えて・・・・・・。
とは思ったのですが、正直に書かないと、ブログネタが無くなってしまうので書いておくことにします。仮に失敗した場合は、だんまりを決め込むことにすればいいのですから。
今年は、ダボハゼのごとく、いろんな分野に喰いつて学習をしてきたわけであります。以前にやっていたものの再復習であったり、まったく新しい分野であったり、興味の思うままにひっ散らかすような感じでありましたが、ここにきて、オボロゲながら結論のようなものが出てきました。
最終的には自前のサーバーを持つべきであるということであります。現在でもレンタルサーバーを3つ持っています。しかし、単にホームページを運用して行く上では充分ではあります。しかし、データベースを利用したアプリケーションを作成し運用していくには、制限されている部分も多く隔靴掻痒な部分があるのは否めません。
しかし、以前に完全に自宅にサーバーを持ち運用していた経験からいえば、それは地獄の日々でもありました。もうそれは絶対にやりたくありません。
あれから時代も進み、VPSという安価な仮想専用サーバーが登場してきました。現在レンタルサーバー3台分で月額1500円ほど支払っていますが、VPSであれば、月額980円ほどで済んでしまいます。これに3つのドメインを割り振って運用すればいいだけの話であります。ディスク容量が100GBほどもありますから充分過ぎます。この上位のプランの1,480円ではディスク容量が200GBもあるのです。これはとても魅力的に思えます。なんでもあり攻撃ができるようになるのです。
このVPSに移行するための学習を重ねていました。その前段階として、自分のパソコンにバーチャルサーバーを立ちあげて運用の学習をするべく準備をしていたのであります。
これまでスマートフォンやタブレットPCでのサイトでも使用できるレスポンシブデザインの学習をしてきましたので、サーバーにデータベースを構築して、強力なアプリを作成して見たいと思い始めたのであります。自分の仕事はもちろん趣味までも全て自作のアプリで管理してみたいと思い始めたわけであります。これこそ理想のクラウド環境であります。
すでに自分で望もうが望むまえが、80パーセントはクラウド環境になっているのですが、これを意識的に構築し直すということであります。

以上はさくらのVPSを前提に書いていますが、他にAmazon Web Servicesというものも出現しています。まだ詳しくは調査していませんが、おそらくGoogleでもあるような気がしますので、これらも合させて考えていくことになると思います。

2013年11月26日火曜日

マケタ!マケタ!!貧しさに負けたのではなく、CSS3にマケタ完敗だ

ちょっと言い方は悪いけども、人並み以上ぐらいのホームページは作れます。でもそれまでであります。それ以上のものを作ろうとすると、まったくダメです。いくら努力しても、そこには大きな壁が存在していることを感じます。
今日は朝もはよから、ちょっと思いついたことがあって、必死こいてやっていたのですが、どれもこれもダメでありました。刀折れ矢尽きたという心境であります。またジタバタした人生が始まったようであります。
しかし、思いついたことの何一つできなかったのであります。原因はわかっています。あれほど簡単だと思い込んでいたCSS3(カスケードスタイルシート)の基本のキの深い所を理解していないのです。これまでは深く追求しようともしてこなかった怠慢さが今になって露呈してきているのです。
マイッタナ。明日も明後日も同じような状態が続くと、結構追い詰められてしまうぞ。
ま、今日の所は素直に負けを認めて退散するか、明日のことを心配してもしょうがないもんな。明日はまだ来てないんだもの。

おだやかな日々が続きます

本日は絵に描いたような、洗濯日和なのですが、残念ながら?、珍しく汚れ物が無い状態なので洗濯はいたしません。まったく洗濯機を回さなくていい日なんていうのは年に何回もないことであります。
夕ごはんを炊く準備をしようかなと、思って炊飯器を覗いたら結構な量のご飯がまだ残っていたし、昨日冷蔵庫をみたらタッパーの中に残りご飯が入っていたので、今夜はそれらのご飯をまとめて始末することにします。よって台所仕事もやることがないという状態であります。
なんだか朝から拍子抜けするような状態であります。外の様子を伺うと天気もよく暖かそうなので、昨日サボった犬の散歩でも行ってこようかと思います。

おだやかな散歩日和の日でありました。公園には私と犬が一匹だけであります。私はベンチに腰掛けて、これでも少しだけ色づいて秋色になっている木々を眺めたり、空の雲を眺めたりしているうちに、あまりの心地良さにウツラウツラしてきました。ワン公はしばらくの間全速力で駆けまわっていたのですが、それにも疲れたらしく、あっちこっちをほっつき周って、地面を心ゆくまで掘り起こしたり、匂いを嗅ぎまわったりと自由を満喫しているようであります。我ながら実に牧歌的で平和な光景だなと悦に入ってました。

しかし世の中にはこういう事に対してはすぐに目くじらをたてて、さも正義は自分に有りという風に抗議してくる連中というものがいるものであります。特にこういう風に平和を満喫している時には要注意なのであります。

やれ、犬を放し飼いにしてはいけない
やれ、ウンコをさせてはいけない
やれ、ボール遊びをしてはいけない
やれ、・・・・・・・・・・・・・・・

いつ口角泡を飛ばして、その辺の角あたりから、文句ババアが姿を現すのではないかと、拳を丸めて待ち構えていたが、ついぞ現れなかった。
大体が俺んちの犬は、家グソが習慣になっており、外では一切ウンコはいたさないのであります。
それに、放し飼いなどはしていなく、いつも敷地内で飼っているのです。それにほんの10分ぐらいの間に原っぱで運動させているに過ぎないのであります。
ボール遊びたって100均で買ってきた安物のビニールボールを投げても5メートルもいくか行かないかだけの話なのであります。

ただ、私は口下手のなのでそれらの言い訳をするのが得意でないので、男であれば勝手に顔面に連続2発の鉄拳がお見舞いされるだけの話です。ここで大事なのは連続2発です。軽く一発なんてのはダメです。渾身の力をこめて2発お見舞いするのです。そうすると相手は驚きと恐怖のあまりに反撃をしてこなくなります。それから大事なのは殴り終わった後にグーッと腰を降ろして相手の出方を待つという姿勢を取るのです。大概の場合これで相手は引き下がります。
断っておきますが、それで旨くいくと確約するものではありません。それで反撃を受けた時には、もう諦めるしかありません。後はボコボコとやられるままになります。

問題はババアの場合です。男と違って鉄拳など通用する筈もなく、ババアに暴力を振るったなんて云われたらエライ迷惑な話であります。
それでオメオメと引き下がるのも悔しいではないですか、
そん時は
いきなり、大きな声で
「ワンワンワンワン・・・・・・」「グワーーーオーー」「ワンワンワンワン・・・・・・」と吠えまくるのです。できれば4ツン這いになって、今にも襲いかかるような勢いで吠えるのです。そうすると傍らの犬も、

「なんだ、なんだ、おかしな構図だな、でもご主人が吠えているのだから、俺も吠えなくちゃな、ここはひとつ負けずに吠えまくってやるか」
なんて思うかどうかは知らないけれども、とにかく、ついつい釣られて吠えまくるでしょう。
そうなったらこっちのものです。もう二度と、そのババアはおためごかしなことは言ってこなくなるでしょう。

くれぐれも自宅近くでは試さないようにね。

2013年11月25日月曜日

今日も暮れゆく・・・・

空は朝から一度も晴れることなしに、洗濯物を外に干すかどうかは、一種の賭けのようなものだったのだが、降ったら降ったまでのことと、いささか投げやりな気持ちで干して置いたのだが、どうやら乾いたようであります。
そそくさと洗濯物を取り込んだあたりから、じょじょに風が強くなり、今にもこぼれてきそうな様相だけれども、今日の所は逃げ切ったので後は野となれ山となれの心境であります。
そういえば、犬の散歩をサボってしまいました。私の散歩はあくまでも補助的なもので、息子のどちらか、主に長男か妻がやりますから別にいいんですけれども。「何も朝晩の2回もやる必要はないだろう」という言い訳をすでに準備してあるのであります。

これまで学習してきたものを総動員して、サイト構築を始めたのだが、表面をざっとなぞっただけでは、それほど踏み込んだものを作成はできない。
それは当初からわかっていたので、やっぱりねという心境ではあります。これから細かいところをひとつひとつ検証して造らなければなりません。実際にやってみると、これがまた予想していた以上に細かい作業でありまして、正直嫌になってしまいます。
以前の私であれば、
「こういう枝葉末節なところに拘っていては、却ってこちらの真意が伝わらないものである。」
なんていうもっともらしい理屈をつけて端折ってしまっていたのですが、それをやっていたら、永遠に技術など身につけられるはずは無いことはわかっています。もうこうなってくると我慢比べ以外の何ものでもなくて、ただヒタスラに朝から晩までコツコツと重箱の隅をつっつく作業を続けるしかないことになってしまいました。基本的には、また何かもっともらしい理屈を考えたして逃げ出したいのであります。


猪瀬なんとかというのが何やらおかしなことになっていますね。どう考えても、あれは受託収賄だと思うけどね。
それも都知事2代に渡っているのは一目瞭然じゃないですか。この国にはもともと司法なんていうのは存在しないのだから、あの小物でも無罪放免のお咎めなしで終わらすのかも知れないと思う。ま、初代の石原なんとかから受け継いだんでしょ。

でも東京都知事二人ではあまりにも小者過ぎると思うけどなぁ。それでマスコミが大騒ぎし始めたら気をつけなくてはいけない、裏にはまったく別の事が隠されていることを疑わなくいけないと思うよ。マスコミ・検察・裁判所・政治家は連携して庶民を騙しますからね。そしてその裏では巨額の金と利権が動くということですね。

ま、別に私には関係がないからいい事だけど。

地方選挙、選択肢のない虚しさを感じたのでありました。

いやはや、金曜日から日曜日までの3日間、なんとなくブログをサボってしまいました。取り憑かれたように進めてきたソフトウエアーの勉強が一段落したというのが一番の原因ではないかと思います。
これまでは、土日であろうが祝祭日であろうが、一切関係なくパソコンにへばりついていたのですが、なんとなく、全体を俯瞰できたような気がしてきて、それとともに、休みの日ぐらいはパソコンから離れてまともな生活を送るべきだという気持ちが起きてきたように思われます。
もっと端的にいうといささか疲れたというのが本音であります。そうです、そういうのが本来の私の正体だったのだと思いだしました。

日曜日は妻と二人で犬の散歩を兼ねて、市長選挙および市会議員補欠選挙に行ってきました。市長選挙は現職市長と共産党の二人の争いであります。
考えてみたらこれまで現職の市長の名前すら知らなかったのです。別に私は革新であるわけではないから、共産党に肩入れする理由もなく、この状態では圧倒的に現職市長のほうが強いわけで、結果は見なくても大方の予想がつくわけであります。争点などは格別あるわけでもなく、実に虚しい投票となるわけであります。
重ねて、市会議員の補欠選挙なんてのはなんの興味もなく、一議席を二人で争っているわけでありますが、これも実に虚しい投票となるわけであります。
近所の拡声器からは大きな音声で、なんどもなんども「本日は・・・・・投票しに行きましょう・・・・」と流さていますが、これじゃあ、投票率などあがるわけがありませんね。説得力のない大音声がこれも虚しくこだましているだけでありました。
いくら虚しくても、無理矢理名前を書いて投票はしてきましたけれども、これも無責任な事だとは思いますが、いかんせん選択肢がない不幸をしみじみと感じることしかなかったわけであります。
救われたのは市会議員選挙と違って、単に名前を連呼して廻る選挙カーの大音声を一度も聞くことがなかったことであります。これで朝から晩までウルサクが鳴られたなら怒り心頭に達するところでありました。

2013年11月21日木曜日

市川北インターチェンジと道の駅がほんの近くにできるらしいです。

本日も日差しの暖かいうちに犬の散歩にでかけました。昨日100均で購入した犬だましのボールをポケットに入れてです。
犬走りに使っている広い野原のような公園で試してみました。確かに夢中になって遊ぶことは遊ぶのですが、10分ほどそのボールで遊ばせたら、ボロボロになってしまいました。
やはり私の考えが甘かったようであります。まだ結構な数のボールが残っていますから、毎日1個がダメになる計算で全部使いきってやろうと思っています。

散歩のコースに外環道路の工事現場をいれています。大型の重機や、トラックなどが仕事をしているのを見るのが好きなのであります。
最近感じたのはかなり工事の進み方が最近急に早くなってきたのではないかということであります。それでいつ完成するのかというのがこちらも急に気になりだしました。
これまでは、目立って工事が進んでいるようには見えなかったので気にもならなかったのでありますが。そこで検索をしてみましたら、なんと2015年度末に開通予定になっているんですね。
それからわかった事は自宅から3分ほどのところに市川北インターチェンジなるものができまして、4分ぐらいのところに、なんと「道の駅」まできるのでありました。
 道の駅の建設予定地は、同市国分6の外環道と国分川に挟まれた約1・5ヘクタール。現在は民有地でほとんどが農地となっており、市が用地買収を進める。
 道の駅は、地下を通る外環道からは直接入れないが、地上部分に同時に開通予定の国道298号と直結する。同道路は1日当たり4万台の交通量が見込まれる。外環道からは、道の駅の約300メートル南側に建設予定の市川北インターチェンジからアクセスできる。
 24時間利用できる休憩施設を設けるほか、貯水タンク、非常用トイレ、非常用電源などの防災機能を強化。災害時の避難場所や物資輸送の拠点とする。周辺住民の交流拠点としての活用も考えており、レストランや会議室を備える。
道の駅ができるのもインターチェンジができるのも知ってはいたのですが、まさかこんなに近くにできるものとは想像もしていませんでした。これから来年にかけては道路が形になって造られるのを目にすることができるでしょうね。といっても、高速道路はほとんどが地下にあるので穴だけは見ることができるでしょう。
これから道の駅の用地買収を始めるとありますが、散歩をしていると広大な畑がトラクターで綺麗に耕されてはいるのですが、何か作物が植えられているということを目にしたことがないという畑を目にするのですが、このあたりのお百姓さんは、都市化にともなって何かのきっかけで畑が高く売れることをひたすら狙っているのでしょうね。これで納得できました。 

2013年11月20日水曜日

犬騙しの道具を求めて

お日様が最高に暖かくなった頃をみはからって散歩にでる。愛犬ゴンは嬉しそうであります。背中に日差しの暖かさを目一杯に受けると、なんとシアワセな散歩なんだろうと感じてしまいます。
本当はドンドンと遠くまで歩きたい衝動に駆られるのですが、調子に乗ると必ずしっぺ返しがきて、次の日は筋肉痛で動けないなんてことになるから、ここ数日は同じコースを同じ距離だけ歩くことに決めている。
しばらくはこの距離で慣れておいて、もっと距離を延ばしても大丈夫となった時に少しだけ延ばすことにした。石橋を叩いて渡ることに方針を転化したことになります。
筋肉痛はいくら体を使う仕事ではないといっても、やはりこたえます。普段からそれほど集中力がないのに、その最初からない集中力を根こそぎ奪われてしまいますから、要注意であります。
それでも、なんだかんだで約1時間半ほどの時間を要してしまいます。犬走りの草原で犬を走らせますが、最近は私と鬼ごっこをしないと真剣に走らなくなりました。しょうがないから追いかけるマネをしてやると、喜んで走り回ります。これとて結構疲れます。そこで考えました。何か放り投げて取ってこさせれば私自身はそれほど動かなくて済むわけであります。本当はスリスビーなんかがいいなとAmazonで検索したのですが、送料なんかを含める1000円を超えることになります。
次男と昼メシを食いに行ったついでにそんな話をしたら、100均で売っているかも知れないということで、食事の帰りに寄りましたら、フリスビーは売ってませんでしたけれども、ビニールの手頃なボールが5個ほど入って100円で売ってましたので、それを購入してきました。
これを投げて遊ぶものなら大助かりであります。明日アイツがうまく騙されてくれれば万々歳でありますけれども。

「HTML5の本質とはJavascriptの塊だと看過するにいたりました。」

2013年11月19日火曜日

大きなカン違い?

「宇宙船地球号の乗組員として、未来の子ども・・・・・・」笑わせてくれるよ。これが市会議員補欠選挙の立候補者のポスターに書かれていたキャッチコピーなのである。
大体市会議員そのものが普段何をしているかわからない存在であります。以前にごく身近に市会議員なる先生がいた。そいつは普段から不遜な態度でえばりまくっていた。良く選挙運動に駆り出されたれたりはしたが、実際に投票する時は別のヤツに入れていた。その別のヤツだって良く知りはしなかった。その尊大でエバリヤの先生もいつの間にか死んでしまってたが、別に市政が大きく変わったなどということはまったくなかった。
今月の24日に市長と市会議員補欠選挙が行われる。市長は2名の立候補者で補欠選挙は2名であるから、周囲はそうウルサクなるわけでないだろうと期待する。所詮あいつらはそのぐらいの存在なのである。

2013年11月18日月曜日

季節外れの迷いハエが俺のハゲ頭の上を飛び回りやがる。ナロメ

どこから入ってきたのか、数日前からハエが一匹住み着いている。最初気にもしていなかったのだが、パソコンの前に座るとかならずとこからともなくやってきて、俺の薄くなった頭のてっぺんあたりを煩く飛び回りやがる。しばらくするとどこかへ身を潜めてしまって探しようもなくなってしまう。
そして、何かの用事を済ませてパソコンの前に座ると、約束していたようにどこからとも現れては、薄い頭の上をからかうように飛び回ってはいつのまにか身を隠してしまう。
そうか最近俺様の集中力が無くなったのは、この馬鹿ハエのせいなのかも知れないと、自分の至らなさをすべてこの迷いハエのせいにしてみる。
ようしみておれ、ハエ公メと新聞紙を丸めて手に持って探してみるのだが、まったく見当たらない、どこかの陰に気配を殺してこちらをどこかからジーっと伺っているのだ。
俺はそういう姑息な人間にはなりたくないと思うのだが、相手は人間ではハエなのだから、そんなキレイ事は通じるべくもないのだ。ナロメー
考えてみれば不思議なことである。最近は夏だってハエなどは滅多に見たこともないのに、季節外れの11月半ばにハエをみるなんて。

最近集中力が切れている。あれだけ集中したのが嘘のように雲散霧消してしまっているから不思議である。ここで焦ってはいけないことは長い経験からわかっている。しばらく離れてみることも重要だとも思う。興味に任せて深追いし過ぎたのかも知れない。ここらあたりで、初心に戻ってお絵かきの練習でも無心にやるのもいいかも知れないし、昨年あたりの旅のまとめとしてビデオ編集をしてみるのもいいかも知れない。ちょっとそこらあたりを考えてみようと思う。

といいつつも、本日も結構いい時間になっているではないですか、今日晩酌をしないと3日連チャンの断酒になるんだけれども、この集中力のなさに辟易している時だから、たぶんそれは無理かも知れない。
ええーい、ままよ!

まるまる2日間寝込んでいました。

元気が良かったのは土曜日の午前中までで、それからは全ての予定をキャンセルして寝ていました。
自分でも良くこれだけ寝られるものだと感心するぐらい寝まくってしまいました。別段目立って体調が悪いということもなく、微熱があるとかということもなかったので、敢えて体温を計ることもしなかった。普段はちょっと体温が高いだけでぐったりとして寝込んでしまうものなのだけれども。
ちょっとに時間に目覚めてはトイレにいったり、3度の食事もしっかり摂って、ちょっとだけ録り溜めていたビデオを見ようかと思っても、5分もして気がついてみればすっかり寝入ってしまっていましっていた。内容はほどんど覚えておらず、番組を削除しようにも削除できないという状態になってしまった。
途中から開き直って、眠さと闘って起きていようなどということは放棄して、こうなったら寝られるだけ寝てやろうと決意した。その結果が実質2日間は、ただただ寝て過ごしてしまっていた。お陰で、またこの2日間'(土日)は一滴も酒を呑まずに過ごしたというわけであります。

明けて月曜日(今日)は、なんとなく元気なような気がする。もろもろの家事を素早く終わし、お日様が暖かいうちに犬の散歩にでかける。最近は日がちょっとでも陰ってくると、急に寒くなってくるので、暖かいうちに散歩を終わらせるように心がけてはいるのです。

なんていうどうでもいいことを書いていたらお昼になりましたね。何を食べるかはストックされている食材を見てからですね。最近はなんとか自分で作って食べることが多くなっています。これ、嫌になるとどうしようも嫌で、最初から自分で作るなんてことは放棄して、今日はどこへ食べに行くかなと悩むのでありました。なにせ選択肢が限られた中で選ばなければいけないというのは結構苦痛なのであります。

2013年11月16日土曜日

土曜日の朝に・・・二日酔いはしていなかった

夕べはそれほど羽目を外すこともなく、二日酔いはしていないようであります。昨日とはうって変わっての素晴らしく晴れ上がった天気であります。昨日洗濯を控えたのは正解だったようであります。本日は妻がいるので洗濯物干しも、昼メシ作りも、食器洗いも、ごはん炊き等々の雑事から一切解放されます。これはあくまでもここだけの話でありますが、それはそれでちょっと寂しいような気がしないでもないです。
こういう滅多にない良い天気の時は、犬の散歩は最高です。今日はいつもよりも時間をかけてゆっくりとコースを換えてやってこようと思っているのであります。

昨日の昼メシの話であります。「今日はスパゲティにしよう・・・」なんてこのブログに書いたのでありました。そのつもりで、インスタントのスパゲティソースを探したら「クリーム明太スパゲティ」というのがありました。ヨシ!これで決定だということで、張り切って鍋にお湯を沸かしました。いざスパゲティを茹でる段になって、なんと肝心なスパゲティがどこを探しても見つからないのです。もう頭のなかはクリーム明太スパゲティを食べることに決まっているのです。この期に及んで変更することはできません。
しかし、これからスパゲティを買いに行くのでは、何のために簡単なスパゲティにしたのか意味がなくなってしまいます。何かないかと冷蔵庫を覗いたら、玉うどんが2個ありましたので、同じ麺なのだから代用しても別におかしくはないだろうと、茹でて混ぜましたら結構いけましたね。これも有りだなと、新しいレシピの登場に少しだけ喜んだのでありました。なんとなく悔し紛れという気がしないでもないのですが。

最近ヒマがあればAdobe Design MagazineをはじめAdobeがUstreamで提供している過去の動画を見続けています。これらコンテンツは本当に勉強になります。私のように引きこもりの人間は、普通このような技術を収得する場所がないのであります。
一昔前であったら、専門学校に行くとか、お絵かき関連の会社に就職して、先輩や同僚から技術や知識を得るなんていう道しかなかったと思うのです。それが時代がかわって自宅に居ながらにしてプロの高度な技を知ることができるなんてのが簡単にスイッチを入れさえすれば手に入れられる時代なのであります。
それにあまり偉い人の前だと上がってしまって、肝心なところを聞き逃したりすることもままある話でありますが、VTRですとわかるまで、その場所を見たり同時に操作して見たりできるわけであります。
もう何度もこのブログでいってますが、なんと素晴らしい時代に私達は生きているのかということであります。


2013年11月15日金曜日

まだ5ヶ月とちょっとあるよ

今週も何事もなく無事に終わりましたね。別に一週間単位で仕事をしているわけではないのですが、週末はなんとなく安心するようであります。明日からは別に休みというわけでもないのですが、やはり気分はお休みですね。どうも金曜日の夜はそんなものだからついつい油断をしてしまい、土曜日の朝は頭が痛いという状態になる時が多いのであります。
現在は学習する範囲があまりに広くて自分のなかでもまとまりがつかないという状態でありますが、それはすべて時間が解決してくれるものだと信じて、ガシガシと勉強を続けています。最近はあまり焦らないように、4年制の大学に入った気持ちでやればいいのだと思うようにしています。しかし、そうはいっても今年入学したと過程しても、今年はもうすぐに終わってしまいますからね。
と、書いていて、オマエ馬鹿だね、大学は4月入学なんだから、来年の4月まで1年生なんだよと独り言をいってしまいました。そうなんだよね、まだ残り5ヶ月とちょっとあるのであります。これでなんとなく安心したしだいであります。
やります、徹底してやります。まだ形にならずバラバラの状態でありますが、ある時にいきなり悟りを開いたように目覚めるような気がします。それを信じて明日もガンバロうっと、二日酔いでなければ。いかんこれがいかんのだよ。
ではでは

今日のお昼は一番簡単に作れるスパゲッティです

お昼を過ぎましたね。今にも雨が零れ落ちてきそうですけども、なんとか踏みとどまっている感じであります。このややこしい空模様を見て、本日は洗濯そのものを中止する決断を早めにくだしました。というのも明日は土曜日ですから休日になるわけであります。何も本日急いて洗濯をする必要がないわけであります。これで部屋干しにするかとか外干しにするかなんて悩まなくて済むわけであります。

それでいつもは犬の散歩はお昼前後にやっていたのですが、雨が降れば当然中止となるわけで、たまにはそれもいいかなと考えたのですが、犬の散歩とは云っていますが、実際は犬をダシにして自分のための散歩であるわけでありますから、ここは考えなおして雨が降り出す前に1時間半ほどをかけてやってきました。
これでいつ雨が降ってきても構わないわけであります。

そろそろお昼ごはんを作らなければと考えています。ここ数日は餡かけ風のカレーうどんもしくはカレーそばを作っているのであります。もう3日もカレーでやってきていますので、どうしようか思案中であります。一番簡単なのはスパゲッティなんですけどね。今はスパゲッティにかけるソースはさまざまなものが市販されていて、味も結構いいでからね。それにスパゲッティを茹でるというのは普通の麺類を茹でるより数倍簡単に済みますからね。そうだ久しぶりにスパゲッティにしょうと思います。

デザインマガジンチャンネル Season4 第1回が面白い

なんだか最近、今日という日がやってくるのがやけに早いような気がします。そう感じるのは私だけなのだろうか。最近の私の一番の疑問であります。なんていう馬鹿な話から、今日も今日に突入していくわけであります。
周囲が明るくなってきたので、空を見上げてみますと、曇っていますが、雨は降っていませんね。こういう時は迷うんですよね。最初から部屋干しにするのか、最初は外に干しておいていざとなった時だけ取り込もうかと・・・・。オマエの頭の中は洗濯物干ししかないのかと云われそうであります。

昨日視聴したデザインマガジンチャンネル Season4 第1回のかわここさんのIllustratorのデモが素晴らしかったので、興味のある方は参考のために見ておいたほうがよろしいかと思います。私の場合は少なくても後10回ほどは見ないと理解すらできません。
最近はさまざまな情報が洪水のごとく押し寄せてきておりまして、開発の手はパタリと止まってしまいました。一体どんな手法を使えばいいのか迷ってしまっているのです。迷ってはいますが、これは嬉しい悲鳴なのであります。選択肢が一挙に数倍に広がったわけでありますから。まずはじっくりと情報集めに奔走しようかなと考えています。慌てる○じきは貰いが少ないというではないですか。
Javascriptの初歩をやっているのですが、これはドットインストールという無料のサイトでやっています。現在はJqueryUIというところまで進んできました。まだコードを実際に書いてというところまではやっていませんが、ブラウザーでアプリケーションを作るということがようやく納得できるようになりました。
最近使ってみようかなと考えているのがAdobe Edge Code CCというテキストエディターなのですが、これは別にブラウザーを使って動作するわけではないのですが、HTML・CSS・Javascriptで書かれているということです。どうしてこんなことができるのかは、凡庸な私には到底理解できませんが、これは凄いと思うわけであります。

そろそろ腹が減ってきたので、朝ご飯にしましょうね。

2013年11月14日木曜日

寒い冬には発熱する、キーボードとマウスとペンタブが欲しい

パソコンのスイッチを切って晩酌に突入しようと思ったのですが、思いついたことがあったので書いて置くことにします。冬はエアコンの暖房を使わないということを以前に書きました。エアコンは頭のほうだけが暖まって、肝心の足元が一向に暖まらないから嫌だと。だから、小さな安物のホットカーペットをお尻と足元に敷いて仕事をします。それでも寒い時はひざ掛けの電気毛布をかけます。これで暖房いらずで快適に仕事ができます。
しかし、これだけの武装をしても、手先、指先はキーボードを触ったりマウスを握ったり、ペンタブを使ったりしますと、どうしても手先指先が冷えてくるのです。しょうがないから時々お尻や膝のところに手を差し込んで温めます。
それで思ったのですが、発熱するキーボードやマウスがあれば助かるのになと。技術的にはそんなに難しくないだろうと思うのですがどうでしょうか。作っても使うのは私ぐらいのものか。
と、ここまで書いていて、お尻に敷いている小さなホットカーペットをキーボードの下に敷いたらどうだろうかということであります。これ結構いいアイデアかも知れない。明日早速試してみて良さそうだったら即購入ですね。
こうなってくると、ディスク・膝かけ・お尻・足元と計4つの暖房器具を使うことになりますね。決して仕事をしている姿は人様には見せられないですね。
わざわざ戻ってきて書くような内容でも無かったかな。失礼しました。

実は私は、知る人ぞ知る極端な韓国・中国アレルギーなのであります

本日は天気も良かったから、洗濯物も暖かく乾いて祝着至極でありました。しかし、どうも明日は雨らしいですね。部屋干しですね。サンルームでもあれば洗濯物の心配などしなくて済むのですが、猫の額ほどの敷地にそのようなものを建てる余裕はまったくありません。ま、色んな工夫をして乗り切っていかなければならないでしょう。
今日もなかなかシアワセな一日でありました。しっかりと仕事もしたし、手抜きながらも最低の家事労働もしましたし、犬の散歩も昨日よりは少しだけ距離を延ばして実行しました。昨日よりは少しでも距離を延ばすことを目標にしています。ちょっと筋肉痛にはなりますけれども、だいぶ和らいできているようであります。

犬の散歩の途中で近所に住むアニメーション制作会社の社長とばったり会いました。1ヶ月のうちに10日ほどは中国の自分の会社に行っているそうであります。以前は半分ほどは中国暮らしだったのですが最近は疲れるので10日ほどになってきているそうです。杭州に中国法人があるのだそうですが、そろそろ潮時かなと呟いていました。なにせ貧富の格差がひどくていつ爆発してもおかしくない状態だともいってました。

先週の日曜日に上海帰りのリルさんと話をした時には、真逆のことを云っていたので、上海と杭州では200kmも離れているから、事情が違うのだろうと一人納得してしまいました。
片やアニメーションのプロで、こちらはにわかお絵かき人なのですが、結構話があってしまい、互いに犬を連れていたのですが、ついつい話し込んでしまって立ち話で2時間であります。その間犬は放ったらかしてであります。いやはや。

上海・杭州案内するから一緒に行こうよと誘われたのですが、実は私は、知る人ぞ知る極端な韓国・中国アレルギーなのであります。よって丁重にお断りしておきました。台湾とかタイとかベトナムだったら行ってもいいなぁという気持ちはあるのですけれども。

ということで、そろそろ今日の仕事も終わりですね。どおれ、JAZZでも聞いて酒呑んで早めに寝ましょう。ではでは

思惑は時々外れる

目覚めたのは今日も遅くすでに5時を回ってました。ということは夕べもすこぶる呑んだことになります。4日間も呑まなかった反動がきているのかも知れませんね。でもそんな事をいちいち気にして生きる人生なんて、実につまらないものだと・・・・。それは誰に向かって云っているのか。

目覚めの熱いコーヒーを呑もうと、コーヒーメーカーに向かって古いコーヒー豆を捨てて、新しいフィターをセットして、ふと下のポットに手をかけると重さを感じた。悪い予感です。夕べ誰かがコーヒーを淹れてそのままになっているのであります。勿体無くて捨てるわけにもいかず、お陰で私はかなり冷たくなってしまっているコーヒーを呑むハメになってしまいました。「誰だよホントに、自分で呑めるぐらいの量だけを入れろよ。」とブツブツと独り言。
それでも、機嫌をなおして仕事に突入して、夕べの冷たいコーヒーが無くなった頃に、息子が起きてきて、ポットを持っていき、熱いコーヒーを淹れていました。なんだよ、なんだよ。俺だって熱いコーヒーが呑みたかったのに・・・・・・・。

今日も昨日に引き続き空はカラッと晴れ上がり、申し分のない青空が広がっています。ムフフ、洗濯物を干すには最適だと、誰にも悟られないようにニンマリする。

かなり寒くなってきたので、電気式のひざ掛けをそろそろ出そうかなと思うのだが、どうも面倒くさい。ということはまだ必要ではないのかも知れない。本当に寒かったら、否応なく行動に移っているものだと、自分の無精の言い訳を自分に向かってつぶやく。

昨日じっくりと見させて貰ったのは

Adobe Design Magazine - デザイン、電子書籍の情報サイト

デザインマガジンでは、Adobe Creative Cloudより、Illustrator(イラストレーター)、InDesign(インデザイン)、Adobe Muse(ミューズ)などの使い方や電子書籍の作り方、事例など、デザインツールの最新情報をお届けします。
というサイトです。USREAMで配信されている番組で、たまたま見たのがPhotoShopのレタッチの内容でありました。これまでほとんど理屈などわからず、写真加工などをやっていたけれども、内容が濃く目からウロコでありました。1時間半ほどの長さですから、相当に気合を入れないとなかなか見られないけれども、今日も何か1つだけ視聴しようと思っています。くだらないテレビを漫然と見ているよりも数百倍有用なものであります。

2013年11月13日水曜日

Edge Code CC、Edge Reflow CCを触ってみる

昨夜呑んでいる最中に以下のコメントが寄せられました。このブログにコメントするとメールがきます。そのメールはスマホに転送されますので、パソコンを切っていても読むことができるわけであります。
匿名 さんが投稿「難しいなぁ、呑むか、呑まざるべきかの判断はにコメントを書き込みました。 

で、今日は結局飲んだのでしょうか? 
 ちょうと呑み始めたばかりの時だったので、噎せ返りましたね。いやはや、それからひとしきり笑いが止まりませんでした。なんというか絶妙なタイミングだったので、やられたなと思いまいた。

で、結局呑みました。4日間も空けると、結構心地よく酔いがまわってくるものであります。久しぶりに聞くJazzも新鮮に聞こえてきました。ついつい呑み過ぎて12時近くまで呑んでいたしだいであります。
さすがに起床したのは6時近くでありました。ちょっとだけ夕べの酒が残っていたようであります。しかし、久しぶりの良い天気であります。張り切って洗濯物を干して、食器を洗い、米を精米して夜のご飯に備えます。しばらく仕事をした後に、12時になりましたが、まだ腹も減っていないようなので、暖かい日が出ている間に犬を散歩に連れ出すことを思いつき、昨日よりはちょっとだけ遠くへと歩き、近くにできた広大なドッグランで犬の思う存分に遊ばせてやりました。

帰宅したら腹も減ってきたので、何かないかなと物色したら、玉うどんが2玉あったので、カレーうどんを作ることを思いつきさっそく取り掛かる。かき玉風に仕上げたかったのですが、いくら探しても片栗粉が見つからず、単なる溶き卵だけを鍋に放り込んでオシマイにしました。昔日本蕎麦屋で食ったカレーうどん風にしたかったのですが残念であります。

午後からはAdobeのツール類の学習です。Edge Code CC、Edge Reflow CC をひと通りやってみる。Edge Code CCはHTML・CSS・Javascript専用エディターでかなり便利そうだけど、まだ英語版であります。エディターなんてのは別に英語版であっても不都合はないのですが、もう少しどこかで解説を読まないと、これまで使っていたエディターから乗り換える気にはなれない。もう少し研究してみることにする。

朝のうちに晩ご飯を仕掛けておいたので、夕方は何もすることがないので楽であります。いつもほとんどのことを朝一番にやっておくと楽なのはわかっているのですけれども、なかなかそうはいかないものであります。

2013年11月12日火曜日

難しいなぁ、呑むか、呑まざるべきかの判断は

うーん、誰だろうか、ここんとこ酒を呑んでいない記事を載せると、すかさず「おもしろい」に1票を入れる人がいるのです。
んなもん、ひとつも面白いとは思わないのだけれども。ここに小さな悪意を感じるのは私の性格が、いささか歪んでいるからだろうか。ダアレ、そこでニンマリしているのは。

どんよりとした空の下での洗濯物の取り込みは気が重いです。はたして乾いているのかどうなのか、取り入れるまでドキドキであります。本日も朝方はちょっと晴れ間も見えたのですが、午後からはポツリと落ちてきたりしていました。ま、たぶんダメだろうと半分諦めの気持ちで取り込んだのですが大丈夫でありました。そもそも天気予報は午後から曇りのち雨の予報だったように記憶しているのですけれども。ようやく逃げ込んだというところですね。本日の勝負は私の勝ちですね。

唐突にその勝ち負けの話ですけれども、勝負をしなくなってもう大分立ちますね。勝負をしないわけですから勝ち組負け組も無いわけであります。もちろん私の中にはですね。
ただ人から私を見れば負け組だとはいうかも知れませんけれども。そういうふうに後指を指されても別段憤るということもなくなりました。以前に頭のてっぺんから足の先まで、ギンラギンラに脂ぎっていた時にはそういう気配を感じた時は大変でしたね。今思えば馬鹿な話であります。

都会に出れば毎日お祭り騒ぎのような様相であります。電車に乗っても街を歩いていても大変な人の数であります。ある時、こんな大勢の人を相手に勝負なんてできないって急に思ったんですよ。その瞬間に根拠のない自信が音をたてて崩れていったのを覚えています。
あれだけたくさんの人がいるんです。それはその時に自分の目に飛び込んできただけの人々です。それにたいして凡庸なだけの私が、しかも一人で太刀打ちなんかできるわけがないと強く思ったのです。
夜の中には超飛び抜けて優秀な人や天才的な人だって数えきれないほどいるわけでありますから。ある意味ほとんどの人が私よりかは優秀なわけでありますから。
勝負を捨てた時から気持ちはグンと楽になりましたね。人はそれを負け犬というわけですけれども、それはそれでいいじゃないかと、言い返す気力も失せてしまっていますね。

なんで急にこんな話をしているのだろうかと思うでしょう。現在時間の許す限りHTMLの学習をしているわけでありますが、これが楽しくてしょうがないのです。なんて凄い考え方なんだろう、なんて素晴らしいプログラムなんだろう等々、感動することが多すぎて、何がなんでも新しいサイトを構築してやろうなんていう気持ちが失せてしまっているのです。
ようは心のどこかに、まだ勝負してやろうという気持ちが色濃く残っていたわけであります。それが人類の叡智と呼べるような知識・情報・技術に触れることによって、今は完成を急ぐべきではない、これらの資産に首までじっくりと浸って感動を味わうべきなのだという風に変節していったのでありました。
勝負しているわけではないから先は決して急がない。成果物がでなくても決して焦らない、新しい知識や優れた技術に接する幸福を感じるべきだと思うのでありました。

もう午後8時を過ぎましたね。難しいなぁ、呑むか、呑まざるべきかの判断は

なんと健康的な生活なのでしょう。イト ハズカシ

なんと健康的なんでしょ。午前中は1時に起きて7時までたっぷり6時間仕事をしました。それから朝食を取り、洗濯物を干し、食器を洗い、そして犬を連れてたっぷり1時間の散歩をしてきました。何が嫌いかって、「健康のため・・・・」という言葉も思想も嫌いなのです。だいたい健康マニアみたいなのが案外アッサリと逝ってしまうのは、多分にして神様仏様の皮肉なんだろうと思っているのであります。
それがあろうことか4日もの長い間断酒をして、早寝早起きを実行し、挙句のはてにお散歩までやるなんて、かなりヤバイ状況なのではないかと思わすにいられない状況であります。
実際お昼ごはんを食べ終わりましたら、結構疲れていまして、やはりやりつけないことはやるもんではないなと思いながらコタツに入って一休みであります。
なんだか、これまでの不健康極まりない私の生活リズムが根底から覆されてしまっており、まるで他人の人生を生きているようであります。これはきっとお迎えの死神にでも憑依されているのかも知れない。

寄り道しながらの学習は日常茶飯事でありまして、今朝方からまたこれまでの学習から越脱してしまいました。それでひと通りに解説を読みましたが、これもかなり面白ツールだと思います。

Adobe Muse CC

これもホームページ作成ツールでありまして、違う角度からのマルチデバイス対応を実現しています。DreamWeaverなどと比較しますと、デザインに重点を置いているのかという気がしますが、Museで吐き出したコードをDreamWeaverで読み込ませても面白いかもと思っています。かなり面白いことができます。一応ざっと目を通しただけでありますが。

それからIndesignを使ってiPhoneアプリやAndroidアプリを作成する方法をひと通り学習してみました。これもかなり興味深いツールだと思います。まだInDesignは触ったこともないので、後の課題となります。

酔ってない日々が4日目であります。

どうも酒を呑んでいないと、寝付きは悪いし、目がさめるのも早いのであります。10時には布団に入ったのだが、なかなか寝られない。いつもはアルコールを睡眠薬代わりにしているからでしょう。習慣というものはなかなか破れないものであります。
それで目覚めたのが1時ちょっと過ぎであります。この時間に起きるのはそれほど珍しいことではありません。ただいつもと違うのはアルコールがまったく残っていないことであります。それは当然のことであります。もう3日間もアルコールを抜いているのですから。
このまま少し寝ても良かったのですが、起きていても別に不都合なことは何も無さそうだったので構わず仕事に突入することにした。明け方までやったら相当な時間を当てることができると計算したのであります。
本当は費やす時間を計算に入れるというのは大きな間違いなのです。コンビニのアルバイトではあるまいし、8時間やったから8000円分の成果が上がるかといえば、まったく上がらない場合もあるし、30分ほどで、目を見張る成果を上げることもできる場合もあるのです。同じように資本金を大量に投入したからそれなりの成果を上げることができるかといえば、そうとも限らないわけであります。10万円投入したから100万円の収益をあげることができるのかと問われると黙るしかなくなるわけであります。オマエはそれほど不確実なことを、毎日、毎日やっているのかと云われれば返す言葉はありません。そのとおりなのですから。

ま、そんな事はこの際まったく関係なく、本日はやれるところまで頑張って、眠くてしょうがなかったらきっちり布団に入って本格的に寝ることにしてパソコンのスイッチを入れたのでした。

2013年11月11日月曜日

目的は先端の技術を駆使した最強のホームページ

先週の金曜日あたりから、仕事も学習も目に見えてペースダウンしてきたような気がする。本日は月曜日だったので、結構張り切っていたのだが、どうも集中力がいまひとつで結果は惨憺たるものでありました。
ま、いいさ、こういう時もあると開き直ってしまった。考えてみればこれまでが順調に行き過ぎであったのだから。あれは自分でも不思議な体験をしたとすら思っている。あのペースに戻る事はほとんど不可能なのかも知れない。実際その疲れが現在どっと出ているような気がする。
ここらあたりで思い切ってしばらく休もうかとも思うのだが、そうするとこれまで積み上げてきた知識や技術が総崩れしてしまうのではないかという恐怖が先に立ってしまって、踏み切れないのであります。
実際には積み込まれた知識を自分では意識しなくても脳細胞は一生懸命に組み立て作業をやってくれているものなのだから、任せておけば安心なのに。それは、わかっているのだが、どうしてもそれが出来ない小心者なのであります。やはり、ここらあたりが私の限界なのだということなのかも知れない。
それで、2日も酒を呑まなかったのだから、今日も止めにしておいた。それで、普段は食べることもない夕ごはんを食べてきた。なんだなんてことないじゃないかと思う。それで、この時間でもパソコンに向かっているわけだ。
別に断酒をやっているわけではありませんよ。たまたま2日間も呑まずに済んだのだから、後一日ぐらいは止められるんじゃないかという軽いノリなのであります。
今日の空回りを明日で取り戻そうとは思わない。これが失敗の原因なんだ。先を急ぐと本当はそこで追求しておかなければならない周辺技術をおざなりにしてしまうのは、現役の時は良くあったことです。そんなとこに拘っている暇はないから、早く結果を出さなければという強迫観念に常に襲われていたような気がします。今は本道からいくら外れてもいいから、脇道で面白そうなものがあったら、心から満足できるまで追求することにしている。だから最初お絵描きソフトのPhotoShopから始まったはずなのに、今はJavascript・Jqueryまできてしまっている。自分のなかではそれほど外れてきたわけではないのです。これらの技術は一見バラバラにみえますが、全てがホームページ制作のためには外せない技術なのでありますから、全部つながっているのであります。これにデータベースが加わってきます。もう一般の人が考えるホームページではないことは確かであります。

そうだったんだ。目的は先端の技術を駆使した最強のホームページを作ることだったんだ。このブログを書いていて思いだした。思い出したらモチベーションが上がってきたような気がする。

奇跡! 2日間も酒を呑まなかったのだ

ついに月曜日から始まりましたね。て、「ついに」なんていうことは別になくて、日曜日の次は月曜日なわけでありますから、あたり前のごとく月曜日が始まりました。ですね。今週はつまらないツッコミから初めてしまいました。
天気予報によりますと今週からは結構な冷え込みが続くらしいですね。北の国からは初雪の便りもチラホラと聞こえてきます。いよいよ本格的な冬に突入して行くみたいであります。

土日はここ数ヶ月では珍しくほとんどパソコンに触ることなしに、ごく普通に休日らしい日常を送りました。それに特筆すべきは酒をまったく呑まなかった二日間であったのであります。
不思議なことにそれほど呑みたいとも思わなかったので、これも極自然に今夜は酒を呑まないよという具合に妻に告げました。
ここまで、書くともう妻の反応は予想がつくでしょ。はい、そのとおりであります。
「大丈夫?どこか具合が悪いの??」
「・・・・・・・」
これまではそれほど呑みたくない時でもなんていうか惰性というか、習慣というか、そんな曖昧な動機で呑んでいたのですが、今回は不思議と呑む気になりませんでした。考えてみると、これ多分に筋肉痛もひとつの原因をなしているのではないかと思っています。この二日間酒も呑まなかったけれど、散歩もサボってしまいました。

数日前からJavascriptの学習に入り、Jqueryまで進んできました。この学習はそのまま進めますけれども、また一番最初に学習しはじめたPhotoShopの学習を一番最初から同時並行的にやっていこうと思っています。お絵描きソフトはちょっと間があると、それまで覚えたつもりになっていたものが、マッサラな状態になってしまいます。それが一番怖いので、自分の訓練のためにやろうと思います。一度おさらいしたぐらいでは絶対に身についていませんからね。ペンタブもしくはマウスを握ったら何も考えなくても手が動くというまでに持っていきたいと思っています。

2013年11月10日日曜日

昨日は、一日中コタツの中でヌクヌクしてました。

昨日はブログを完全にサボってしまいました。ちょっと早いかなとも思ったのですが、強引にコタツを出しました。それで朝からそのコタツに潜り込んでいたら、すっかり戦意が喪失してしまって、一日中コタツのなかでゴロゴロしてしまいました。
本当のところは前日に結構調子に乗って過酷な散歩を強行して、またぞろ筋肉痛になっていたことと、前日は金曜日ということで、いつもよりも晩酌の量が多く二日酔い気味であったことも、かなり強く関連しているのであります。動きたくとも動けなかったというのが事の真相であります。いやはや

一日の大半を椅子に座る生活であります。どこかに寝そべりたいけどいかせん1階部分は全部フローリングでありますから、気軽にゴロリというわけにはいきません。床に直接ゴロリではなんとなく嫌ですよね。畳の上であったら何ら躊躇することなく寝そべることはできるけれども。
その点コタツはいいですね。ゴロリとするには最高であります。足元は温いしね、そのままウトウトしてしまうなんてのは最高であります。
仕事部屋で夏は冷房のために仕方なくエアコンは使います。以前は寒い季節にもエアコンを使っていたのです。でもエアコンって頭のほうばかり暖かくなるのです。本当に暖が欲しいのは足元なのです。そこで数年前からは暖房にエアコンを使うのはやめてしまいました。
まずは椅子に小さな安物のホットカーペットを敷きます。これはかなり暖かいし、電気量も微々たるものであります。大概の場合はこれで済んでしまいます。もっと寒くなると足元にも同じようなホットカーペットを敷きます。基本的には結構あったまり過ぎてしまいまして、足元のホットカーペットは、無意識に蹴っ飛ばされてしまって、どこかあらぬところに行ってしまっています。
それでも寒い時用にひざ掛けの電気毛布を用意しました。それから着るものを増やします。これらの私流の防寒グッズを使えば、仕事中の防寒はもう完璧であります。頭寒足熱ですから、効率も上がるような気がします。
それで、休憩のときには時々コタツに潜り込みますと、足元を中心に温められますから仕事中はまったくエアコンを使うことがないのであります。ここ数年はこれで、寒い冬を乗り切ってきました。さて今年はどうなんでしょうか。

昨日一日コタツで休養を取ったので、本日は朝から元気であります。本日はBOM(BrowserObjectModel)とかDOM(DocumentObjectModel)関係の学習をしてみたいと思っています。Javascriptを有用だと感じなかった原因の一つとしてBOMとかDOMのことを知らなかったというところに大きな原因があると思いました。そこで今回は少しだけ齧ってみようと思ったわけであります。

2013年11月8日金曜日

MOZILLA DEVELOPER NETWORK

MOZILLA DEVELOPER NETWORKというサイトにJavascriptの情報がてんこ盛りにありますね。これはドットインストールというサイトで学習していて覚えたサイトであります。まだ丹念にみたわけではありませんが参考までに。
すこしだけJavascriptをやり始めたのですが、これって初心者がプログラム言語を覚えるのに最適なものではないかと思えてきました。なぜかといいますと、特別な道具がいらないわけであります。ホームページが表示されるブラウザーとテキストエディターがあれば、その場で学習をすぐに始められるわけであります。Windowsにはメモ帳というテキストエディターがデフォルトでついてくるわけでありますが、あれは確かShiftーJisの文字コードしか扱えなかったような気がしますから、無料のテキストエディターなんてのは数限りなくありますから、なんでも構わないからダウンロードして使えばいいのです。できればutf-8という文字コードが扱えれば最良ですね。ネット関係はutf-8オンリーになりつつありますので。私なんか一部eucばっかしで作っているサイトがあり、そこはまだ動作しているのでコード変換する予定はまったく無いのですが、新しく作成するものはすべてutf-8にしております。

近所に旨い廻る寿司屋をみつけた

天気の良い一日でありました。お昼をを作ろうと台所に立って何を作ろうかと冷蔵庫や食料棚を物色していたのだが、どうも本日も自分では作りたくなかった。
そうしたら、非番の次男がやってきて「お父(とう)、寿司食いにいこうか?」というので、すかさず「早く行こう、とっとと行こう」と応えたので、いささか面食らっったようでありまして、慌てて準備をしていました。
なにやら、職場で「あの回転寿司は、安くて旨い」なんていう評判を聞きつけて、行ってみたくなったらしい。私も回転寿司は好きであります。何よりも早く食えて値段も手頃なので、結構一人で行くことも多いのです。生来の人見知りなので、一人で食い物屋に入るというのは苦手なのでありますが、回転寿司だけは違います。一人できている客もたくさんいるし、何よりも座ったらすぐに食べられるし、食べ終わったらすぐに帰ることができるのが何よりもいいのです。
近所には結構な数の回転寿司があり、それらは全て試しており、最近は行く店が固定化しておりました。あんなもんはどの店も大して変わりが無いという結論でありましたが、今回次男のお薦めの店は確かに彼の職場の評判どおりになかなか旨かったのであります。これからはその店に馬鹿のひとつ覚えのように通い続けることでしょう。
実は連休の最終日の月曜日に妻を連れて、前の定番の廻るお寿司屋さんに行ったばかりでありました。なんだかんだいっても月に3回から4回は行っていますね。あまり安いところだと放射能が心配ですけれども、普段そうたくさん魚を食っているわけではないからと必死に自己弁護してごまかしています。
大抵の店にはメニューにどこどこ産のなになにと表示してありますが、無論そんなもの信じているわけがありません。福島沖で獲った魚を茨木や宮城の漁港に水揚げして大量の福島産の放射能魚が出回っているのは周知の事実ですからね。最近の食品偽装なんてのはそれに比較すれば可愛いもんだと思いますね。特に単価が安い回転寿司なんてのは、まったく信用なりませんからね。こうして段々と麻痺していくのでしょう。これを政府は自己責任だというのであります。こんなもんも自己責任ならば政府なんてものはいらないということでしょうね。

とかなんとかホザイているうちに、本日もかなり早い夕暮れとなってしまいました。そうそう、昼メシを食って原子力の力を体内に溜たので、犬を連れて2時間ほどの散歩に出かけました。途中かなり広い空き地というか公園のようなものがあったので、犬を放すと、狂ったように全力疾走で駆けまわりました。これはいいなと思い、犬が疲れて、休みそうになると、ちょっかいを出してやると、また全力で駆けまわるので、それを十回ほど繰り返してやったら、さすがに疲れたらしくぐったりしてきました。
これまで家の近くに人の気配を感じると吠えて煩かったのが、散歩から帰ってきたら、まったく声が聞こえなくなりました。これは、なかなかいい遊ばせ方を発見したものであります。
と、犬の疲れ具合だけを喜んでいますが、当然自分も同じように疲れてしまっているわけで、もう結構全身がダルい状態であります。犬を笑っている場合ではありませんでした。たぶん明日はダウンしていることでありましょう。

ドットインストールと言うサイトも有用ですよ。

最近はインターネットを使って無料で学習するというのを信条としています。ちょっとだけ無料でないものも必要とあれば使います。

今月は「動学TV」 という月額2800円を利用していますが、そろそろ脱会しようかなと考えています。これは確か先月の29日に入会しましたので、脱会しても今月の29日までは利用できます。ひと通りの学習が終わりまして、そう闇雲に講座を見なくても済むようになりましたので一応脱会です。2800円でこれだけ学べば完全に元を取ったと思っています。「動学TV」さんには感謝であります。またどうしてもわからなことが出てきたら入会することにします。

さて、次に紹介するのはドットインストールというサイトであります。これは以前から自分の復習の意味で時々利用していたのですが、このたびはJavascriptを本格的にやろうと再び訪れてみました。3分間の動画でJavaScript入門 (全25回)もあるのです。ここは実際にプログラミングしてどのように動作するかを見ることができるので実に理解しやすいです。もう、1時間ほどいじって全ての講座を終わらしてしまいました。というのはこれまでやってきた言語とたいして変わりがなかったので理解が早かったのであります。もちろんこれだけではどうにかなるといったレベルではないのですが、全体を俯瞰して見るには最適なサイトだと思います。他にも現代の中核になるようなモノがドーンと羅列されていますから凄いと思います。

次にさくらのVPS入門 (全21回) 講座を受講してみようと思っています。現在のレンタルサーバーからこんどはVPSに鞍替えしようかと考えているのです。そうすれば、Rubyも簡単に使えるようでありますから。いきなりそれは怖くてできませんので、とりあえずどんなものなのかといういのを学習しようと思っているわけであります。

このサイトは絶対にお薦めだと思います。

少しだけ家事をやり始めた

一連のAdobeのソフトの学習を集中的にやってようやく自分でも納得できるようなレベルまできました。それで全てだなんてことではなくて、第一段階が終わったということですね。初期導入段階ということでしょうか。これから第2、第3段階へと進んでいくつもりであります。

そんなことで元の普通の日常に戻りました。毎日、洗濯物を干すこと以外は一切の家事には見向きもしないで、早朝から晩酌するまで何かに取り憑かれたようになっていたわけですが、一昨日あたりから、その憑き物も落ちたような気がします。
だからといって、これまでの学習をしなくていいのかという話ではなくて、ペースダウンをして、一つ一つを検証をしながら、実際の制作を通してより深くそれらの技術を深めていかなければと思っています。
ただこれまでのような息詰まるような緊張感からは完全に解放されました。そこでシランふりして家事にも手を出し始めました。まずは、ご飯炊きを始めました。次に食器洗いもやり始めました。

これまでも仕事に息詰まるとちょくちょく家事に逃げていたのです。まったく次元の違うものに逃げるっていうのはなかなか本筋に対して効果があがるものだと既に発見していたわけであります。
ただ、そんなことをちょっとでも口に出せば、「それなら、これとこれとこれは、やって置いてね」なんて命令されてしまいます。そう云われた途端に一目散に逃げ出したくなるので、そういう事は一切おクビにも出さなかったのです。
できるならなるべく日常の面倒事を背負いたくないのであります。こんな事を書いていると、なんてズルい奴だろうって思われるかも知れませんが、自分でも思うのですが、それが本性ですから仕方ありません。
まだ午前3時をちょっと過ぎただけですけれども、食器洗いはすでに昨夜終わらしてあるし、ご飯を炊く準備も終わらしてあります。ん、まて、まて・・・・・。
どうも何かをやり始めるとドンドンと深みにハマっていってしまうようで、それでは本末転倒になってしまいます。
まずは、作りかけのサイトをやらなければいけないでしょう。昨日は図形を文字列が回りこむっていうとことでつまずいていたのです。普通にPタグだった時は回りこんだのにidをつけたら、どんなことをしても回りこまなくなった問題を解消することから始めなければならなかったのでありました。
やれやれ。

2013年11月7日木曜日

凄いの一言しかない、Adobe CC

起床一番に悩んだ本日散歩するか否かという問題は、思わぬことから拍子抜けするように解決してしまった。なんと雨が降っていたのであります。なーんも悩む必要はありませんでした、しめたとばかりに即刻散歩中止命令がくだされました。メデタシメデタシ。

ここ数ヶ月間自分でも驚き感心するほど、集中して進めてきた、約7種類のソフトウエアーの学習は、どうやら、その集中力が切れてしまったらしい。ついに来るべきものが来たという感じであります。一応全部のひと通りの学習が終わったということであります。
これが本来の姿でありまして、まるで憑き物が落ちて、元のノビ太状態に戻ったということであります。もう中々あのような状態になることはできないでしょう。

とにかくやっていて楽しかった事は確かであります。最初はお絵かき関係のPhotoShop及びIllustratorをやっていました。次にビデオ編集ソフトのPremiereProそして、その上のAfter Effectsと進み、そしてHTML制作ソフトのDreamWeaverへ進み、その中でネイティブなHTML5とCSS3そしてJavascriptを使用して作成する、Edge Animateを嬉々としてやり、それではこれに対応するFlashはどうなっているのかと気になりそれも試してみて、FlashもJavascriptを使用したアニメが作成できることを確かめた。今回はFireWorksの学習はパスしました。

もちろんこの時点で全てを使用して、実用的なものを作成できるとは思わないが、一応使いこなせるレベルまではきており、後は自分の実務に合わせて使うことによってそれぞれのソフトのもう一段のレベルアップをはかっていくしかないものと思われる。

どうして、ここまで長期間集中して学習できたのかというと、とにかく面白くてしょうがなかったのです。Adobeはどこまでやってくれるか、「ひえーーー、こんなことまで出来るようになるのか」と自分の中に次々と湧いてくる興味というか好奇心に自分で抗らうことができなかったのです。またそれを上回って応えてくれたのが上記のAdobeの製品群でありました。実際やっていてシアワセを感じることが多かったのですから確かであります。

本日はDreamWeaverを使っての作業だけでありましたが、先日も書きましたがページにコンテンツを埋め込んでくると、やたら重くなってイライラして使えません。だから最初の構造定義とマルチスクリーンの為のCSS設定の時だけ使用して、後はテキストエディター使ったほうが効率的です。この2つの組み合わせで生産性は飛躍的に伸びることは確実であります。またEdge Animateを使って簡単なアニメを作成してDreamWeaverで読み込んでみました。そろそろこれをやっておかないと全体のバランスを取ることが難しくなったからであります。まだEdge Animateを使って本格的なものを作成したことがないので、後3日後ぐらいから本格的な制作に入らなければならないだろうと思っています。

もう7時になりますね。本日はそろそろパソコンのスイッチを切ります。ではでは

11月にもなるのに、まだ新米を口にしていない。

いつものように暗い中に起き出して、まずはコーヒーをすすり考えたことは、今日の散歩はどうしようかということだ。
数日前に調子にのって無理して距離を延ばしたツケがまわってしまって、情けないほどの筋肉痛に見まわれている。まだ周囲はこのことを知らないので、いくらかは救われる。
ここはひとつ数日間休んで様子見を決め込もうか、それとも長距離ランナーのように、走りながら回復させようかという問題であります。まだ寝ぼけている頭で懸命に考えたけど結論はでなかった。

早い話しが散歩ごときに朝の一番に怖気づいてしまっているということだ。

ここ数回圧力鍋でご飯を炊いていて気がづいた。もう11月になるのに、我が家は、まだ古米を食べているのであります。今年の新米は一度も口にしていないのだ。ここ半年の間無理して忙しそうにしていたので、すでに新米が出回っていることに気づかなかったわけであります。

米はいつも妻の実家から送って貰っているのだが、親族が全般的に高齢化しており、米をそれほど食べなくなったのだと思う。
必然的にストックしてある米はあまってしまうのだろう。お百姓さんは自分で収穫した米は大事に扱う。あたり前の事だ。だから、まずは古い米が無くなるまで、新米などはとんでも無いことだと考える。
一旦こういう状況に陥ってしまうと、我が家で新米が口に入るのが来年になるということか。年を越してしまえばそれを新米とは云わないと思うのだが。そしてこの悪循環はもしかして、永遠に続くというのか。
新米を炊いてみたいな。俺の日本一のコメ炊きの腕を早く試してみたいな。炊きたての新米ご飯は旨いもんね。最高の贅沢だもんね。おかずいらないもんね。

そうだ、義理の弟に電話して10kほど新米を送ってもらおう。しかし、一度新米を口にしたら、もう古米なんて食べられなくなる可能性があるからな。どうしたもんだか。結構真剣に悩んでしまう。
それに10kほどなんていったって気を利かすのか、小分けにするのが面倒なのかわからないけど、ドーンと30kの袋を送りつけてくる可能性があるからな。これも油断のできないことである。

「どうだいひとつ、ここはハイブリッドということで」
「えーーー、それって古米と新米を混ぜるっていうことなの」
「そうすれば問題は一挙に片付くではないですか」
「俺はそんなの死んでも嫌だね。それって誤表示なんてものではなく、偽装ってことじゃない」
「なあにオマエさえ黙っていれば、誰も分かりゃしないよ」

お後がよろしいようで。

2013年11月6日水曜日

余りに明るすぎて、恥ずかしくなる話

これの一つ前のブログに「心細いランタンの光の下で、のんびりと晩酌をします。」と書きました。旅する時には以前には100ワットのLEDランプ2個を持ち歩いていたのです。だから夜の闇の中ではひとつも心細いということはありませんでした。
「こういう暗くて不便な場所では、メチャクチャ明るくするというのが最高の贅沢っていうもんだ。」と一人悦に入っていたのです。
でも最近、それは違うと思い始めたのです。あまりに明るすぎるのを贅沢とは云わないと気がついたのです。やはり車中泊での旅にでたら、それなりの闇を感じるべきなのです。晩酌するぐらいのために無用な明るさなどは必要ないのです、周囲の闇を味わうぐらいの気持ちを持てないないようでは本当の意味の贅沢など到底味わうことはできないのです。

いつの時期からか人間は闇を極端に恐れるようになりました。おそらく各家庭に電気が通ってからの事だろうと推測します。それからは夜の闇に逆らうように、闇を忌み嫌うように、次第にエスカレートして照明をこれでもかというぐらいに増やし続けていったのです。

それは私とても同じです。キャンプをやり始めた頃は、本当に心細いランタンひとつであったのが、仕事の都合もあり、ノートパソコンを起動し続けるために発電機を購入したのです。これがいけなかった。あれ?ここに電源があるんだから、いくらでも電気が使えるではないかと、それから暫くの間は私のキャンプでのテントやタープはきらびやかな電飾に彩られるようになっていったのです。今考えると恥ずかしい限りであります。あまり思い出したくない話です。とんだ勘違いであります。大顰蹙ものであります。

野外生活をするというのは、そういう不便や不自由や恐怖をじっくりと味わって、あっこんな世界もあったんだ、こんな生活もできるんだという多様性を味わうことでもあると思うのであります。

「もっと光を、もっともっと光を」は、そろそろやめておかないとね。なんだかわかったようなわからんような話でありました。
さて、今日はちょっと早いけど仕事を終わらせます。

一陣の突風にガラスマントをまとった又三郎をみた

アルミサッシの掃き出しの大窓の外に、今朝ほど干した洗濯物が一陣の風に激しく揺れだしたのを見て、ガラスマントをまとった又三郎がやってきたのかと思った。空はどこまでも青く晴れ上がっていました。
なんていう風に書いて見たかったかったのですが、それ以上はのことは文才がないので書けません。でもその風が収まると同時に急激に温度は下がっていったのです。日が陰ってきたのをようやく気がついて、慌てて洗濯物を取り込みました。全身が筋肉痛でありまして、特にふくらはぎなどは突き刺すような痛みすら感じます。
ここのところ思いついたように犬を連れて散歩をしているのですが、ついつい調子に乗って無理をしたつけが回ってきているのであります。こりゃあ治るまで相当の時間を覚悟しなければいけないなと・・・・。
季節は一目散に冬に向って転がり始めましたね。雪さえ降らなければ、この時期の車中泊の旅は結構好きであります。北風に舞う枯葉は戯れるように輪舞曲(ロンド)を奏でながら渦を巻き落下してきます。
秋の日暮れは突然にやってきます。早め早めに買い物をし、温泉に入り、一夜の寝倉をきめて早いとこ居座ってしまわないといけません。
心細いランタンの光の下で、のんびりと晩酌をします。秋の夜長とは良くいったもので、かなり酔っ払ってきたかなと自覚して時計を探してみると、まだ8時まえだったりします。
それ以上起きていてもやることもないので、暖かダウンのシェラフに潜り込み読書などをを決め込むのだが、ものの10分もしないうちに深い眠りに落ち込んでいきます。

案外旅している時の酒量は少ないものであります。早く寝てしまえば当然起きだした時は深い闇の中です。それ以上寝ることもできないので、そのままパソコンに向かったり読書をしたりしながら夜の白むのを待つことになります。
藤村じゃないけれど、いつも「夜明け前」という題名が心に浮かんできます。旅している中で一番好きな時間帯が、夜の闇が少しずつ白んでいくところから、山の稜線上に強い橙色のはっきりとした意思を持った陽の光を認める時までであります。そこからは信じられないほどの速さで一気呵成といった感じで夜があけていきます。
それは日常の生活の中では、一切味わうことのない感動であります。

何日かまえに「旅にでないで、思いでに耽るようになった」ような事を書いたけど、旅ってそれをやっているときは何も書けないのだということを知っています。あまりにも生々しくて文章にならないのです。そうすると自然旅の記録と安食堂の紹介記事のようになってしまうのであります。

やはり旅の思い出というものは自分のなかでゆっくり時間をかけて醸成させ熟成させていく必要があるのではないかと思うようになってきています。

サイト定義よりも自分の文章が問題に・・・。

11月ともなると、さすがにお日様には力がなくなってきていますね。朝型の私は真っ暗な中起きだして、なにやらゴソゴソやっているのですが、闇の明けるのも遅くなってきていますし、明けても陽の光が弱いので、晴れているのか曇っているのかは窓から顔を出してみないとわからない時があります。
昨夕久しぶりに圧力鍋でご飯を炊いたのですが、今朝も同じようにご飯を炊こうと思い仕掛けておきました。
私の家事は気まぐれでありますから、誰にも誇れません。ただ一々誇らないでいられないのが男の家事なのであります。わざわざ口にだして「ご飯炊いておいたよ」「食器洗っておいたよ」なんてね。ほとんど子供です。その点、本物の主婦は、なんら誇ることなくなく淡々と家事をこなしていくのですから、まったく適いません。

さて、DreamWeaverを使ってのマルチデバイス対応の構造定義は一応終わりました。これからはそれぞれのパーツのチューニングに入るのですが、試しにこれまでのサイトの文字列を入れ込んで、全体を確かめてみました。
これまでは、構造だけで中味がほどんど無かったのですが、文字列を入れ込んで試してみたら、そうしたら使っているDreamWeaverが、また遅くて遅くて文字の編集をするだけでイライラしてしまいます。
これではやってられません。そこで構造定義だけはDreamWeaverを使用して、他はいつもどおりにテキストエディターを使うことにしました。CSSの複雑な定義部分はすでにDreamWeaverが自動的に書き込んでくれていますので、自分で理解できるところは、手作業で訂正していったほうが絶対に早いし、精神衛生上かなり良いし、このほうがサクサクと編集できて快適であります。この方法でたぶん不都合はないはずです。(かな?)

スマートフォン対応の画面定義を終えて、わかったことがあります。これまではディスクトップPCのディスプレイだけを念頭において作成してきたわけであります。これは大画面で表示速度も早いのでほとんど制約なしの世界でありました。

一転、スマートフォンの画面は狭いです。それに通信速度も遅いという制約を抱えることになります。こうなって初めてこれまでのサイトの作り方を考えなおさなければいけないのでないかということであります。
これまでの私のサイトは1ページにこれでもかという文字列が詰め込まれているのです。こうなってくると、これまでの文章を4分の1か3分の1ぐらいまでに削ぎ落として、より簡潔なものにする必要があるわけであります。

なにも考えずに駄文をダラダラと並べ立てていくズボラな私にとっては、一番苦手な作業なのであります。だって、自分で書いた文章を編集や推敲を重ねていくと、本来自分は何をいいたかったのかわからないものになってしまうし、極端な場合、最初にいいたかった事と真逆の内容になったりする場合が多いのですから。本音はやりたくないのですが、これも勉強だと思いやることにしました。

2013年11月5日火曜日

「俺は圧力鍋飯炊きの天才だ!」

夕方になって、行き詰まってきた。いつものことだから、別になんともないのだが、気晴らしに久しぶりに圧力鍋でご飯を炊くことにした。ここしばらくはお絵かきソフトの練習に夢中になっていたから炊いていなかったので、忘れているかといささか心配でありました。
さすがに、圧力鍋でご飯を炊くというのは、これまで相当の数をこなしてきたので、まったく心配することなく、あっけなく終わってしまいました。お絵かきでは少々自信を無くしていたのですが、飯炊きで再び自信を得ました。そうですよ、なんでもいいのです、なにか自分で誇れる持っていれば、それだけを糧に生きていけるものなのです。それは他人が認めてくれなくても全然いいのです。「俺は圧力鍋飯炊きの天才だ!」でいいのです。人なんて云うのはそういう他愛もない生き物だと思います。
と、まったく関係のない方面で自信をつけて、再び先ほど挫折した処理に向かっていくのでありました。
本日の仕事はこれまでであります。

以前はJavascriptを覚える動機が希薄だったのだが

久々の洗濯物干し日和でありますね。早速干そうかなと思ったら、なんの風回しか息子がやるからいいと云われたので、そこは大人しく引き下がっておいた。たまにはやってもらわないとね。

HTML5でサイト構築を行っていると、どうしてもJavascriptに触れなければならなくなってしまう。といってもDreamWeaverを使用していれば、ほとんど知らなくてもなんとかなるようなレベルであります。Javascriptは前に一度挑戦したことがあったのですが、alertを出してHello worldと出したり、右から左に文字列を動かすような事しかやらなかったし、解説本を読んでみても、それ以上のレベルの事が書いてなかった。当時まったくJavascriptの必要性を感じなかったのであります。それどころか、「なんじゃい、こんな子供だましのようなオモチャ」と思い、それ以上学習しようとは思わなかった。それよれも、RubyとかPHPの方が言語としては重要だと思い、この2つを中心に学習し、PHPでは実際に実用的なアプリケーションも作成したのです。Rubyに関してはかなり惚れ込んでいたのですが、自前のサーバーからレンタルサーバーに切り替えてからは、サーバー側でのRubyの設定が難しく断念した経緯があります。

Edge AnimateというHTML5向けのアニメーション作成ツールがあります。これは別にHTML5でなくても動作するようでありますが、HTML4あたりで動作確認を行っていないし、これからも行うつもりはないのですが、そのEdge Animateにも、かなりの部分がJavascriptが使われているのであります。
基本的にはHTMLとCSSとJavascriptの組み合わせでアニメーションを作成しているのであります。これも別段Javascriptを深く理解していなくても使えるわけではあります。

次にFlashというアニメーション作成ツールがあります。これまでのホームページでのゲームやらアニメは、ほとんどこのFlashを使って作成されていました。
この中にアニメの動作を制御するスクリプト言語があります。ActionScriptといいますが、これがなんとJavascriptを元に作られているのです。別段それもActionScriptを理解してなくてもそれなりに動作させることができますが。最近このFlashについた名前は忘れてしまいましたが、スマホやタブレットでも動作するファイルを生成する機能がついています。吐き出すファイルが、これまでのswfではなくて、そうですなんとJavascriptなのであります。

ここまで、これでもかというくらいにJavascriptを使われてしまいますと、以前はJavascriptを覚える動機が希薄だったのですが、もうそんなことを云ってられない状況なのではないかと思われます。「Javascript様参りました」と土下座をせざるを得ない状態なのであります。
そういう諸般の事情で、今すぐにJavascriptをものにはしなくてもいいのですが、常に意識しておく必要があるのだと思います。

最後に「初心者のためのJavaScript入門」というADOBEでの解説のページがなかなか面白いです。何かを計算させるには、どこかに値を入力しなければいけないわけでありますが、その簡単な入力は何を使うのってのが分からなかったのですが
var KILOS_TO_POUNDS = 2.2; var weight = prompt('What is your weight in kilos?'); alert(POUNDS_TO_KILOS * weight);
なるほどね。お後がよろしいようで。


2013年11月4日月曜日

旅にでないで、ひたすら思いでに耽ってしまっている

ちょっと遅めの朝食を済ませて、続きの仕事をやろうと、いつものようにパソコンの前に座ったのだが、どうも今一気持ちがのってこない。気持ちののらない時は、どんなに自分をなだめすかしても効率が悪くてダメなのであります。それは効率が悪いなどというものではなくて、まったく仕事にならないといったほうがいいかもしれない。いくら焦っても、どうしょうもないことでありますから、諦める他はないのです。むしろ、これまでの数ヶ月間よくここまで集中力を切らすことなく続けてこられたもんだと逆に感心もし、素直に自分を褒めてやりたい気持ちであります。
もともと、この3連休は自分の思いは紅葉狩りだったのでありますが、妻が勝手に予定を入れていたので、泣く泣く「毎日が月曜日」の生活を続けざるを得なかったわけであります。それが本当の月曜日になって、どうも気持ちが切れてしまったというのが、なんだか笑えてしまうのであります。

そうか、本来は今日まで旅に出ているはずなのだから、ゆっくりすればいいのだと思うことにした。家で風呂に入るのはそれほど好きではなく、家人が不潔だのどうだのとギャーギャー煩いので仕方なくアリバイ作りのために入っているようなところがあり、本心は「人間は一生風呂になんか入らなくても死にはしないのだ」と、うそぶきたいのだが、いつもそれはぐっと呑み込んで不承不承入るのであります。
それが一転して旅に出たらば一日に一度は温泉に入らないと気がすまないのです。移動している間もどこかに素敵な温泉はないかと物色の目は絶えずキョロキョロしているのです。それは獲物探すカメレオンとそっくりであります。旅にでると私は俄にひたすら日帰り温泉を探すカメレオン男と化すのでありました。

さて、せめて朝風呂にでも入ることを思い立ち、久しぶりに朝風呂にのんびりと入ったのでありました。しかし、のんびりといっても家風呂では長くて入っていて30分が限界であります。旅先では最低でも1時間は入っていられるのに。と思ったが、その内容は結構露天風呂で岩に腰掛けて、他所の人に話しかけて根掘り葉掘りと、その人の人生や家族構成を聞き出していたりしているのでありました。だから湯船に1時間なんてことは決してないわけであります。やはり実質は30分ぐらいではないかと思うのであります。

寒い時の特に今頃の季節の露天風呂は最高なんですよね。体が冷えてくれば、頭だけを出して後はすっぽりと体を沈めてしまい、暖まればまた岩に腰掛ける。人が入れ替われば、その都度目をつけていた特等席と思われる場所に少しずつ移動していくのであります。
時折り真っ赤に紅葉した葉っぱが湯船に舞い落ちてきたりしてね。中には強者もおり、日本酒とかビールを隠し持っていて、チビリチビリやっていたりします。

そうそう、北海道を一人で旅していた時、確か9月の中頃だったと思います。北海道は8月でも場所によってはコタツやストーブがマジで欲しくなるようなところであります。
羅臼の道の駅で知り合った車中泊の達人夫婦に川北温泉を薦められて、4日間ほどいついた時がありました。本当はもっと居たかったのですが、食料や酒が底をついてしまって買い物に出なければならなくなったのですが、買い物といったって店を探して辿り着くまで半日はかかってしまうところであります。そんなわけで5日目にそこから立ち去る決意をしたわけであります。
そこは何十年間前に町の保養所があったところで、台風の被害にあい建物は全部流されてしまったところなのですが、あまりに温泉が良質なので町の有志が立ち上がり男湯と女湯を復興させたところなのです。建物は脱衣所とテント張りの休憩所だけという、まったく夢の様な場所でありました。360度が広葉樹の山であります。すぐ側にそれこそ手を伸ばせばとどくほどのところに半端でない冷たさを伴った川が、かなり勢い良く流れているのです。温泉の温度はかなり高く、熱くて入れないようになると、その川の水を注ぎ込むのであります。その水は10cmほどの口径の太いホースで常に流れており蛇口もなにもないのでありました。
4日もそこにいますと、いろんな人がやってきます。そして私よりも年配の人が湯船に腰掛けていた私にタバコを差し出したので。私は驚いてしまって「え、こんなところで吸ったら怒られるんじゃないの?」「なあに、云ってんだ。禁煙なんてどこに書いてあるんだ。それにここは外だぞ」「そこの下駄箱の上に灰皿があるだろう、それをこっちに持ってきてくれ」ということで、私は生まれて初めて温泉に入りながらタバコを吸ったのでありました。
そしてタバコが許されるなら、当然お酒も許されるわけでありまして、私は昼間は決して呑まないのでやりませんでした。昼間呑まなかったのなら、夜呑んだのかと問われそうですけど、夜は真っ暗闇でとても怖くて一人で温泉などに入れたものではありません。そうか思いだした、一度だけ夜の温泉に入りました満点の星を見ながらでしたが、やはり周囲はヒグマの巣窟ということで、そちらの恐怖が先にたってしまって、それほど楽しめなかったことを覚えています。
しかし、地元の人の知恵は凄いです。どこからともなく車で乗り付けてくると、いきなりボンネットをあけてゴソゴソやっているのです。1分もすると温泉に灯りが灯るのです。これには参りましたね昼間気が付かなかったのですが、脱衣場の上に電気がついており、それのコードをバッテリーにつないで点灯させるわけであります。当然そこに電線などはきているはずもないところでありました。

なんだか最近旅にでないで、旅の思いでだけに耽るようになってしまって、これはかなり良くない兆候ですね。

2013年11月3日日曜日

最強のホームページ考

動画やアニメーションには文字列よりも数倍、いやひょっとしたら数十倍の表現力があるというのは理解している。実際今回お絵かきや動画ツールの使い方を学習をするのに用いたものの多くはネット上にある動画であります。
以前はプログラミング言語を理解するのには書籍を購入して丹念に活字を追うことから始めた。それが黎明期においてごくあたり前の手法であったと思う。それに反して今回は活字を追うという行為はほとんど無かった。
それは、まったく無かったということではないけれども、逆に動画だけではどうしても理解できないことはネット上の活字を検索して理解できるまで、じっと深く読み込んだ。それでも学習の90%ぐらいは動画を最大限利用したのであります。

今回リニューアルのための3つのサイトを構築して当然のごとく思いついたのは、動画を最大限利用することであります。それは可変グリッドを使用して、ひとつのホームページでスマホ・タブレットPC・ディスクトップの3つのマルチデバイスに対応するという夢のようなサイトを構築して思いついたことがある。
それは最初に動画でそのサイトの内容をすべて説明しきってしまうということです。もっと具体的にいうと、スマホの最初の画面に一杯に動画を表示して、そこの画面を移動することなくそのサイトの概要を説明しきってしまおうということなのです。
ディスクトップの大画面上では一番上の左側がそれにあたります。ようはヘッダー部分ですね。大概の場合それで事足りてしまうのであります。

しかし、実際はここから云うことが重要なことなのであります。その動画ひとつだけで事足りてしまうのかといえば、本音をいえばそのとおりでありますが、それでは検索した時に上位にくることはあり得ないのであります。
だからそれに続くキーワードを含めた大量の文字列が必要となってくるのです。この部分を手抜きすれば、それはサイトしてては成り立たないことになるのであります。で、それだけで済むのかというと、そこに言語の構造化を行わなければならないということであります。これを世の中ではSEO(SearchEngineOptimize)検索エンジン最適化というのであります。これを行えない自称プロというホームページ制作者というのが多く存在するのであります。そのほとんどはその言葉すら知らないなんてのが現実なのではないかと思います。

もっとわかりやすくいえば構造化言語を使用するというのはHTMLの構造タグを素直に並べていけば、それで70%は終わるのですけれども、これが意識していないとかなり難しいことなのであります。これ本気でやってみればわかります。言い方を変えれば自分の文章をきっちりと章立てで組み立てられるかという話に行き着くのであります。
私のように普段から章立てもクソもないメチャクチャな文章しか書けないやつには尚更のことなのであります。ほとんど地獄です。

本日も気がつけばどっぷりとした闇に包まれてしまいました。もう少し粘ったら早めにオシマイにすることにします。

HTML5・CSS3・Javascriptの表現力は凄いです。どこまでチューニングできるかが問題になります。

あっという間に3連休の中日になってしまいました。私はというと飽きもせずにパソコンの前にへばりついて3つのサイトの基盤となる構造の定義を試行錯誤を繰り返しながら続けているのであります。
今のところ背景画像などは一切使用しないで、どこまでCSS3を使用して表現できるのかを徹底して研究しているのであります。HTML5とCSS3になってからは、その表現力が以前とは比較にならないぐらいに豊かになったと感じます。
その一つがグラデーションが使えるようになったこと、またDIVタグに角丸が定義できること、それに影が簡単につけられることです。嗚呼それから忘れてならないのが、WEBフォントを使えることですね。WEBフォントは残念ながら英語のものしかまだ存在しないということであります。日本語のWEBフォントが登場してくるのも時間の問題のように思われます。
元々IE8以下のバージョンは切り捨てるつもりでいたのですが、世の中には賢い人がごちゃまんといて、それらのバージョンにもきっちりとJavaScriptを使用して対応できるようにしてくれているんですね。信じられないぐらいに素晴らしいことだと思います。
DreamWeaverを使い始めた時に一番最初に???が合計362個ぐらいが浮かんだのがグリッドの定義でありました。デフォルトではスマホ用は4本、タブレットは8本、ディスクトップは12本なのです。これは初期設定で変更できます。これは何のためにあるのか最初まったくわかりませんでした。
でも横に長いメニューをリストタグを使って作成してわかったのです。数字からいえばメニューが4個あるのが一番理解しやすいでしょう。まずはスマホの画面では縦に並ぶだけですから、長さを調整しません。タブレットの場合は8本のグリッドがありますから、一つのメニューの幅を2グリッドに設定します。すると、上に1個移動の矢印をクリックするだけで見事に横一列に4個のメニューが並ぶわけであります。ディスクトップの場合は均等な幅にするために一つのメニューを3グリッドに指定しますと。3✖4=12グリッドに見事に並んでしまうのであります。これを応用しますと、段組がかなり楽に設定できるわけであります。ディスクトップの場合は画面が広いので横に3段にし、タブレットの場合は横に2段組スマホの場合は1つということになります。ひとつの段組の幅はスマホに表示できる4グリッドに設定しておかなければいけませんけれども。

昨日は一つのサイトの基本定義がかなりの完成度を持つまでに仕上がりました。本日は退屈でありますけれども、他の2つのサイトにコピーなど一切しないで、最初からコツコツと作業を続けて同じレベルまで引き上げていこうと考えています。たぶんそれは何もアクシデントがなければ午前中で終わるはずであります。

2013年11月2日土曜日

3連休なのに「毎日が月曜日」の生活を送ることにした

夕べは明日が休みだからと油断して、いささか呑み過ぎてしまった。それでもいつもの癖で3時には目が醒めてしまって、これもいつもの癖でパソコンのスイッチを入れてしまった。しかし、まだ完全に酔っ払い状態で何をしているのかさっぱりわからない。そうかこういう時こそ撮りためたビデオを消化するのにいい機会だと思い、居間に行きテレビのスイッチを入れる。うーーん、やたらスイッチを入れる場面が多いな。結局ビデオを見ているうちに眠ってしまっていて、どんな内容だったかひとつも覚えていなかった。それでも見たことに変わりがないので、その番組は削除しておいた。

7時頃にガサゴソ騒がしい音に目が覚める。息子が今日から旅にでるという。それでイワタニのアウトア用のガスコンロを貸してくれという。「オマエ、まさかテントじゃないよな」いくらなんでも高度が高いところはもう半端でなく寒いのは経験上知っているので、いささか心配になった。「大丈夫バンガローを予約してあるから」という言葉を聞いて一安心であります。

本当は「この連休に紅葉を見に行かないか」と、2日ほど前に妻を誘ったのであります。「あれ、最近ひとつも旅にでかける気配がないから、日曜日に予定を入れてしまったよ。もっと早く云ってよね。」とケンモホロロな応えが返ってきた。一人で出かけても良かったのだけれども、そうすると後々どんな3倍返しがくるかわからないので、いつもの「毎日が月曜日」の生活を送ることにした。
9時近くになってようやく酔いが醒めてきたようであります。さて、本日もガンバリますか。

2013年11月1日金曜日

写真を加工するのは好きだけど、撮る方は・・・

どさくさ紛れに11月になって、一息つく間もなく金曜日になり、そしてただただ慌ただしく今日も周囲はどっぷりと闇に包まれてしまいました。なんだか私の周囲だけに限ってかなりセッカチに時間が流れていっているような気がしてなりません。どうしたもんだか。

ちょっとだけビデオ編集をして気がついたことがあります。写真やビデオをこれだけ利用しつくしている割には、あまり撮影するのは好きではないのではないかということです。本質的に面倒くさがり屋なのだということであります。
写真が好きだという人は、ちょっと出かける時にも大型の一眼レフは別にしても小さいカメラを持ち歩くものであります。私にとっては小さいカメラすら邪魔に感じてしまうのでありますから推してはかるべしであります。だいたい四国旅行に行くのに、充電器と予備のバッテリーをそっくり忘れていくような不心得者ですからね。
ビデオ撮影なんてものは面倒臭いの極地でありますね。自分がビデオを撮影している間は何もできないわけであります。これが一番嫌ですね。それに比較すればですね、写真は思いついた時だけシャッターを押せば済んでしまうわけでありますから。だから私は決して写真やビデオの愛好家ではないのであります。

それでていて前述とは相矛盾するようではありますが、写真やビデオの編集作業は決して嫌いではないのではないかと思い始めているのです。写真を選別したり加工したり、イラストやアニメを加えたり、音楽ソースを探してきたり、ナレーションをつけたりという一連の膨大な作業を多くの時間をかけて黙々とやっているのが不思議であります。最近はその気の遠くなるような作業を通して気がついてきたことがあります。
いくら加工してみても元の画像がダメなものには限界があるということです。また写真やビデオを撮る場合は最初に簡単でいいからストーリを2つぐらい用意して置くべきなのだということです、これってプロのカメラマンであったら当然やっていることだろうなということであります。私のように行き当たりばったりの思いつきだけでは撮ってはいないということでありましょう。

現在3つのサイトの構造定義に追われており、お絵かき、動画関係はちょっとお休みしております。構造定義はようやく順調になってきており、それが終わった時点で再び関連する画像や動画作成に入ることになります。ようやくいちいちモドカシク思わなくても作業が進むようになってきたと感じる今日このごろであります。そろそろ仕事を切り上げましょう。

今でしょ

お早うございます。11月に入りましたね。だからどうしたと云われれても、返す言葉もないのですけれども。後2ヶ月で今年も終わりますね。だから、どうしたと・・・・・・・・。

最近なんだか知らないけれども一人で忙しがっているものですから、テレビを見ている暇がなく、録り溜めているビデオが貯まる一方であります。少しでも消化しようと今朝見てみたのですが、とても消化しきれないので、これは見ないだろうなと思うものや、即時性の強いものを優先的に削除してしまいました。いくらコマーシャルの部分を飛ばして倍速で視たとしてもそれなりの時間を費やさなければいけないわけですから、私の限りある人生の残り時間では、いかんともしがたいものがあります。
「これは老後の楽しみに取っておこう」なんて言葉をよく耳にする機会が増えた年齢になりました。その言葉を聞くといつも大きな違和感を感じてしまいます。老後って一体何時なんだいって、すでに老後じゃないかって。今を楽しめない者が先で楽しめるわけがないって強く思うのでありました。なんか時間の概念が違うのではないかって。紛れも無く今が少年であったり、青年であったり、老後でもあるわけであります。それは外見上の問題では決してないわけであります。ここで強く言いたいのは楽しみを決して先送りしてはいけないということです。もっといえば、美味しそうな饅頭が目の前にあったり、明日の楽しみに取っておこうなんて考えてはいけないのであります。すぐに喰っちゃわないと明日には腐ってしまっているかも知れないのであります。(自分で書いていてワラってしまった。)
また、少し余裕ができたら、あれもやりたい、これもやりたいっていうことを聞きます。たちどころにその余裕っていったいなんなんだって疑問が湧いてきます。将来的に金銭的に余裕ができる補償などこれぽっちも無いわけであります。貧乏は貧乏なりに楽しめるわけであります。そこには貧乏なりの創意工夫というものが必要なだけであります。
まずは、自分で懸命に考えることが必要だと考えます。「自分でも笑ってしまうほどの貧乏」な私のそれなりの結論でありました。
うーん、まだ夕べの酒が抜けていないのかも知れない。

さて今日一日も昨日の続きで3つのサイトリニューアールのための作業の続きをやることにします。昨日も新たな発見がありました。現在同時進行的に3つのサイトを作成していますが、その中の一つがどうしても旨く行かずに行き詰まってしまいました。他のサイトの構造も同じなのですが。いや同じに作ったつもりなのですが。そこで違うサイトで試してみるとすんなり旨くいくのです。昨夜はこれで熱くなってしまい、なかなか仕事を離れられませんでした。原因が掴めません。なぜならJavaScriptやCSS3の使い方を熟知していないからです。ツールに全部依存していて、その吐き出すコードの詳細な内容を理解していないのであります。でもそれってかなり面倒な作業なんだけど。
だからやりたくないので、もう一度最初から作り直すことにします。現在の私にとって、どれが近道なのかはさっぱりわからずの状態なのであります。

2013年10月31日木曜日

DreamWeaverがようやく理解できるようになりました。

ひとつ前のブログに同時に3つのサイトを作っていると書きました。しかも、同じ構造でも決してコピーをするのではなくて、最初からひとつひとつを作っていると。これは新たな技術を収得するのになかなか有効な手段だと思います。
これまでは、HTML及びCSS・JavaScript等は全てテキストエディターを使いまして一から文字を入力して作ってきました。それでそれほど困るということはなくて、むしろテキストエディターは他のツールを使うよりも動作が軽くて快適であったのですが、ここまで管理するサイトが増えてきますと、それだけではどうも追いつかないような状態になってきました。
それにスマートフォンとタブレット及びパソコンの3つのデバイスに一つのページだけで対応させるには、どうしても自分の知識だけではいかんともしがたかったのであります。そこで目をつけたのが、AdobeのDreamWeaverというホームページ作成ソフトであります。
これはもともとマクロメディアの製品だったと記憶しております。だから今回初めて使用するのではなくて、マクロメディア時代のDreamWeaverは何回か使うことがあったのです。それで、その使い方を覚えるのが、ひどく面倒に思われて、どうしても最後には使い慣れたエディターを使ってしまうということになってしまっていたのです。
それで今回はマルチデバイス対応のHTMLが簡単に作成できるというキャッチコピーに惹かれまして本格的に使って見ることにしたのです。確かに「新規作成→可変グリッドを使用」するで作成すると簡単に雛形を作ってくれます。でもその先で作りこんでいくとなるとそう簡単ではありませんでした。それで10回ほど同じサイトを最初から作り直すという作業を繰り返しました。途中で失敗というか行き詰まりますと、もうどうしていいのかわからなくなります。今回はテキストエディターには封印してあります。これをやってしまいますと永遠にDreamWeaverを覚えることができなくなってしまいます。それでも10回以上も作りなおしてきますと、このどうにもならないボンクラ頭でもその都度新たなことを身につけてきます。
そこで同じようなサイトを3つ、共にリニューアルのために造り始めたのです。一番難しかったというか理解できなかったのが、それぞれのデバイスでの画面の見せ方というか、構成の仕方であります。スマートフォン向けの画面構成が中心になりますが、それだとPCの大画面で見ますと、いかにもマヌケなものになってしまいますし、逆にFlash動画が使用されていれば、スマートフォンでは動作しませんから、これまたマヌケな画面になってしまいます。これらの相矛盾する問題をどうするかが問題だったのですが、ここまで作りなおしてきて、その問題をようやく解決することが、できました。
そこで1つのサイトをある程度まで作ったら、同じような別のサイトを作ります、そこで新たに発見した技術や知識があったら、先に作ったサイトに反映させてさらに作りこみます、そしてそれらの知識を駆使して3つ目のサイトを最初から作っていくのです。これらの事を繰り返していきますと、自然と覚えていきます。そして最初は考え考え試行錯誤を繰り返していたものが、最後には実に速く何も考えずに作業が進むことになったのです。
こうして使い方がわかってきたのですが、一つのサイトでも最低7ページほど作らなければいけません、一番大きなサイトでは30ページほどあります。今までは共通する部分はJavaScriptにしてしまって、それをそれぞれのページに埋め込むことによって同じコードを繰り返し書くということを避けてきました。この方法もかなり有効ではありますが、埋め込みコードの部分はやはり手作業で書いていかなければいけなかったのであります。ま、確かにコピーをするだけでありますが簡単といえば簡単なのではありますが、それでも30ページ分も同じ作業を繰り返すというのも結構大変なものであります。これからそれをやらなければいけないかとウンザリしていたときに思い出したのが、テンプレート機能であります。
これは結構優れものであります。ある程度作りこんできたら、そのページでテンプレートを作成するのです。例えばヘッダ部分やメニュー(nav)そしてフッター部分が固まったらテンプレートにして、そこから新たなページを作成するのです。それすれば30ページあろうが40ページであろうが、それぞれのコンテンツ部分だけを集中して編集すれば済むわけであります。
それで共通部分に変更が生じたらテンプレートを修正すれば、そこから作成されたページ全部に修正箇所が反映されるという優れものであります。ここはまだ実際にはやっていませんが、かなり前にそれでサイトを作ったことを覚えていますので、それほど問題にはならないものと思います。

うーん、また本日も無用に長いものを書いてしまいました。ここは私の日記でありますから、これでいいのです。ごめん

お早うございます

気がついてみれば10月も今日で終わりですね。今年は自分の放浪癖が完璧に封印されてしまって、完璧なニートになって過ごした一年でありました。でもアウトドアもいいですけれどもインドア・ニート生活もなかなかいいもんですよ。私にとってはどちらもおんなじなのではないかと思えてきてならないのであります。
最近はパソコンの前に座っている時間が極端に長くなってきています。一日の大半はパソコンの前で固まっているような状態になっています。以前もこのような状態の時がありました。でもそれとは明らかに違うのであります。以前は、締め切りというボーダーラインがあり、強制的に座っているしか無かったのであります。でも今はそんなもんはありません。自らの意思で座り続けているのです。
いや、ちょっと違うな。そこには意思などというものは介在していないのです。オモシロクて仕方がないから、単にそこに惹きつけられていて、結果が寝ても覚めてもCSS5がどだこうだHTML5の下位での仕様に対処するためには、やはり・・・・・・。なんていう状態になってしまっているのであります。
現在10個近い複数のソフトウェアの学習を同時に進めているのですけれども、これは初めて経験することでありますが、一見して効率が悪そうですが、やってみると案外いいのです。最初は結構不安になりましたが、なんと現在は徐々にその効果が現れてきているのです。それに味をしめたわけではないのですが、同時に3個のホームページを新たに作り始めています。当然構造は似てきていますが、それはいたし方がないことであります。
それでも一個の構造を複製するということはやらないでそれぞれをイチから作っているのです。そうすることによって、これまで覚えてきた技術の復習をすることになりますから。パソコンの特性としてコピーや繰り返しがなければただのアナログ作業になりますが、それを使えば極端に頭のワルイ私には何も身につかずに終わってしまうのであります。だから、なんども同じ作業をコツコツとやらせる事にしているのであります。せめてPCに搭載されているメモリーカードぐらいの容量が自分には欲しいと思う今日このごろなのでありました。
さて、今日も1日がんばりましょう。

2013年10月30日水曜日

とうとう1ヶ月2800円の動学TVを受講し始めました

別にいい訳ではないのですが、昨日はPCに夢中になる余りに、ブログを書く暇がありませんでした。もっとも、こんなあってもなくてもどっちでもいいような、まったく世の中の役に立たないようなブログなど更新されていまいが、誰も気にしてはいないのだけれども。
そして、本日もあっという間に夕方になってしまいました。うっかりすると本日もこのブログサボってしまいそうになり些か焦ってしまいました。
どうもプログラマーをやっていた奴って、お絵かき関係を基本的に馬鹿にしている傾向にあるような気がしてしょうがない。実際私がそうでありました。同じ○を書くのでもお絵かきソフトを使って書くのとプログラミングして書くのかの、どちらかを選べと云われれば当時は迷うこと無く後者を選んだような気がします。
いや、ちょっとまてよ、現役時代はお絵かき関係まで手を伸ばす余裕がまったく無かったったというのが本当の話だと思います。プログラマーとしてはまったく凡庸な私はその時代の先端の言語についていくだけで精一杯で、とても時間のかかるお絵かき関係などに手をのばす余裕などはひとつも無かったのであります。それに加えて殺人的なスケジュールに追い回されてばかりいましたから、尚更のことであります。
それでも当時からお絵かきの重要性には気づいていましたよ。だから時々思いだしたように、お絵かきソフトにはちょっかいを出していたのです。それでも本気度が違うからいつも門前払いをされていたように思います。
最近は時間的にも心にもちょいとばかし余裕ができてきたので、じっくりとお絵かきソフトに取り組むことができるようになりました。と、いうか最強のホームページ作成を目指す上ではお絵かきの力は欠かせないことに気がついてきたのです。ホームページ作成というのはある意味総合芸術ではないかという気がしてきているのです。これまでは表に出ないコード関係を重要視してきたのですが、最初クリックして目に飛び込んでくるのは見場であります。このデザインをなんとかしなくてはいけないわけであります。そのためにはどうしてもお絵かきの能力が必要となるわけであります。
それに、文章だけではなくて、写真やVTR、それにアニメーションそしてできれば3DCGなどを加えて行きたいと思っているわけであります。
と理想は高いのですが、到達するにはなかなか道のりが遠いわけでありまして、最初はネットの無料の解説記事や無料の解説動画あたりを見まくって学習してきたのですが、レベルが上がったせいでそれだけでは間に合わない状態になってきてしまいました。ここで有料の講座を受講すれば一気に抜け出せるとは思いますが、なにせ「自分でも笑ってしまうほどの貧乏」でありますから、そのようなわけにもいかず、とうとうネット上の有料の講座を受講することを決心しまして、以前にも増して朝から晩までお勉強を続けているわけであります。
その講座というのが動学TVというものであります。この講座1ヶ月2800円と超リーズナブルでありまして、入退会自由であります。まずは驚くのは講座数の多さとその質の高さにあります。
現在私が受講している講座はほとんどがAdobe製品であります。

  1. PhotoShop
  2. Illustrator
  3. PremierePro
  4. After Effects
  5. DreamWeaver
  6. Flash
以上のような内容となっています。他にEdge Animateも受講したいのですが、これはまだ講座にないようであります。Edge AnimateはFlashとAfter Effects及びPremiereProあたりをやっていれば自然と理解できるものですからいいんですけれども。
AdobeTVというところにいけばEdge Animateの解説ビデオが用意されていて、私はそれを見て理解して現在バナー広告を作成中であります。これらの製品をまんべなく学習してきますと、ユーザーインターフェースが似ていますからどれか一つを集中的にやっていても他のソフトで応用ができますし、概念を広く理解できて実に合理的だと思います。
そうそう動学TVを最初に知ったのはAdobeTVの解説を作っているのが動学TVを運営しているateinnという会社だったのであります。それでその質の高さを評価して受講してみようと思ったわけであります。

DreamWeaverとEdge Animateを同時に使っていた時にDIVの使い方というか概念が私のこれまでのを概念が見事に覆されてしまったということであります。最新のHTML5でのホームページ制作においては徹底的にDIVタグを使いこなさなければいけないということです。なにせEdge Animateでの四角や丸や多角形は全部DIVタグを使っているのです。これには本当に驚かされました。最終的には図に変換しているものもあるようですが。DIVタグを単に位置決めに使っているのではなくそれを利用して図形まで表現しているとは。
これってGoogle Mapsが全てジャバスクリプトで作られていたという驚きと似たようなものがあります。
うーん今日はまだ興奮しているから結構長いものになってしまいました。段々と晩酌の時間が短くなってきているのが残念な今日このごろであります。


2013年10月27日日曜日

毎日が月曜日なのだ

 なんだか土日もあっという間に過ぎていこうとしています。もう何ヶ月メリハリのない生活を続けているのだろうか。本当は休日はきっちりと休んだほうがいいに決まっているのですが、休んだとしても何もやることがないのです。考えてみるとアウトドアというか旅をする以外に趣味らしきものは何にも持っていないのでした。
音楽は晩酌する時に毎晩聞いていますから、改まって音楽鑑賞をしようなどという気持ちはおきません。ちょっとの間だけ久しぶりにテレビをみようとしたのですが、やはり、余りのつまらなさに辟易して、これならパソコンで誰かのブログでも見ていたほうがマシだとパソコンの前に座ることになります。
ひと通りにお気に入りのブログを読み終わるのにそれほどの時間がかかるわけではないから、何も意識しないで作りかけのファイルを開くことになります。そうすると、普段と同じようなペースになってしまって、それが続きます。最近は妻も呆れてしまって、もう勝手に出歩いてしまっています。私もお昼ごはんだけが用意されていれば不満などこれぽっちもないし、却って集中できていいぐらいであります。
読書をしようなどとたまには思うのですが、それならば解説書を読んだほうがこれからの仕事になんぼか役にたつと思ってしまって、自然と解説書のほうに手が向きます。
私は多分こんな生活でいいのだと思います。パソコン作業は趣味だか遊びだか仕事なんだか自分でも区別がつかなくなってしまっているのです。
だから、毎日14時間以上はパソコンの前に座っていますけれども、ほとんど疲れていないのであります。時々興奮して眠れないような事がありますが、夕方晩酌をすることによって一日の区切りをつけることにしています。酒を呑んだら絶対にパソコンは触りません。過去に何度も大変な失敗やら事故を起こしているからです。なんだか車の運転みたいですね。
さあて、本日の遊びもそろそろ終わりですね。本日格別な成果物はありませんでしたが、すこしずつではありますが技術的には向上していると感じています。最近またお絵かきソフトの練習をサボリ気味なので明日からはなにか少しでも触ってみようと思います。だってすぐに忘れてしまうからであります。これが一番怖いのであります。何か稚拙な絵でもいいから描かなくてはいけないと思う今日このごろでありました。

2013年10月26日土曜日

Edge AnimateとDreamWeaver

 今日は憧れの土曜日ですね。って云っても、私にはまったく関係がないのですけれども、土日祝祭日は昼メシの心配をすることがないというぐらいですね。そして本日も朝もはよからDreamWeaverにEdge Animateを中心にして作業を進めています。Edge Animateで吐き出したパッケージをDreamWeaverで読み込むというところまできまして、どのブラウザーでも完璧に動作するというところまできました。これ使いようによってはかなりの威力を発揮しますね。これからはこのツールを使ったバナーやホームページが増えてくるでしょうね。これ使い方はそれほど難しくないですから、素人でも反日(オマエは朝鮮人か)、いや半日ほど触っていれば簡単な動きのある動画やゲームが作成できますから。しかも今のところ無料ですよ。

また一つのホームページをスマホ・タブレット・パソコン画面で動作するという実験も旨くいきました。これまで、ちょっと誤解していたことがあったのですが、自分でやって見てその仕組がようやく理解できました。それはCSSファイルに書き込まれていた以下の2行です。
@media only screen and (min-width: 481px) {}
@media only screen and (min-width: 769px) {}
これでそれぞれの画面を判断して条件分岐をしているんですね。この文は初めて目にするものです。これまで誤解していた部分は、どこか一つでデザインをしてしまえば、単に画面を縮めたり広げたりするものだと思っていましたが、実際はそれぞれのディスプレーに応じてデザインを設定できるということであります。そしてそれをしないと、どうにもしまらないデザインになってしまいます。だから、面倒でもそれぞれのCSSを書き込まなければいけないということですね。実際はJqeryを使っています。吐出されたコードみたけれどもさっぱりわかりませんでした。以前に無謀にもこれに挑戦して挫折したのは良く理解できます。今はDreamWeaverに任せておけば瞬間で作成してくれますから楽ちんであります。もうこうなってくると恥も外聞もないのであります。道具が人に代わってやってくれるならそれでいいじゃないですか。

どれ昼からまたガンバロウっと

2013年10月25日金曜日

お早うございます

「最近自分の知らないことがいかに多いかということ知った。」なんていうことを思いついたので書いてみただけです。お絵かきの学習を進めていくなかで、様々なことを学びました。そして、自分が知らないことがいかに多いかという現実を目の当たりにしたのであります。だからといって別に今さら焦ってもしょうがないことですけれども。それで何か知らない新しいことがでてきて、それを追求し始めると、それに派生してまた知らないことが出てきます。あれ?俺は最初何を学習していたんだっけっていうことになります。しかし、どうにかならないのだろうかこのボンクラ頭。

最近の書き込みはオタッキーで技術的なことが多くなりました。それでその書き込みが正しいかというと、まったくそうではないのです。単に知らなかったことだけだったり、他のやり方があったり、最初から間違った思い込みであったりしているのであります。打鍵しているときはそれが一番正しいと思っていますが、少し時間が経って他の知識を手に入れると、なんて無知なことを恥ずかしくもなく書き込んでいるんだということが多々あります。なんだかワールドワイドに自分の馬鹿さをひけらかしているようで赤面してしまいます。

という話とはまったく関係なく、本日も臆面なくブログを書くことにしましょう。

2013年10月24日木曜日

広い空の下にいくとなんだかわけもなく嬉しい

広い空の下にいくとなんだかわけもなく嬉しくなってくるものであります。
どこの田舎に行っても、空だけはどこにも負けないぐらいに広いですからね。だから、どこの田舎に行っても自然と嬉しくなってきます。
本日もパソコンと悶え苦しみながら一日中格闘してきました。最近はなんだか自分でも不思議なぐらい集中力がありますね。こんなに集中していられるのは、何年ぶりのことかと思ってしまいます。
videoタグが動作してくれたおかげで、ひとり放送局が開局できるようになりました。一人で制作して一人で配信できますね。何故かFirefoxだけは動作しなかったのですけれど、そのうちに原因がわかるだろうと思います。そう切羽詰まった話でもないので、しばらく放っておくことにしました。
また、一つのホームページでスマホとタブレットそしてディスクトップの3つの画面に対応させるという方法も理解出来ました。裏側ではJqeryで調整しているのであります。状況にあわせてCSSとHTMLを瞬時に書き換えているのです。午後からはEdge Animateを少し弄ってみましたが、これもマルチ画面対応になっているのです。驚きました。私がモタモタしている間にマルチ画面対応はあたり前の世界になっているではないですか。あとは自分で作るか作らないかの問題だけのようであります。

webmというファイル形式は知らなかった

これまでは拡張子がmp4ばかり扱っできて、それで何の不都合も無かったのですが、ネットで見せるとなると、他にwebmというファイルを用意しなければいけないということがわかってきました。でもそれを変換するソフトを私は持っていなかったのです。大概のファイル形式に対応しているPremiereProを見てもそのような形式に吐き出すことはできませんでした。それで検索してみると結構沢山の無料の変換ソフトが出ていました。しかし、どれがいいのかは当然わかりません。
それで適当にダウンロードして使ってみようと思い最初にダウンロードしたのがAVGの変換ソフトでありましたが、これはまったく使い物になりませんでした。それに勝手にウイルス監視ソフトを入れられてしまいました。これを削除するのに結構手間がかかりました。まったくウイルスみたいなソフトでありました。
次にダウンロードしたのがFree WebM Video Converterというやつでしたが、これは何度やっても音声が出てきませんでした。これも削除してやろうかと思ったのですがwebmファイルのビューワーとして使えると思い残してあります。私のPCにはwebmを見るとなるとわざわざHTMLのページを作成してホームページとして見るしかないのですから。
次に試したのはDVDVideoSoft Free Studioという無料のソフトであります。これは正解でありました。音声部分もきちんと変換してくれています。しばらくはこのソフトを使うことにします。
しかし、ビデオファイルには様々な方式があり、どれにしようかとなると本当に迷ってしまいます。基本的に何がなんだかよくわからないといったところであります。

さて、そろそろ昼ごはんにしますか。これが問題なのだ。

実験です(一応成功です。)FIreFoxではなぜだか動かなかったです。

初めてVIDEOタグを使って動画を直接配信することに成功しました。最初いくらスタートボタンを押しても動かなかったので失敗したかなと思ってアキラメて他の仕事に移ったのですが、なんと3分ほど経過してから音が聞こえてきたので、なんだなんだと音源を探したら、このブログでありました。
配信される動画はmp4形式とwebm形式の二つを用意しました。それを自分のサーバーに置いておき、このブログはすでにHTML5になっていますから、委細構わずにVIDEOタグを書いてURLを自分のサーバーに指定して見ました。まだまだ細かい設定はあるみたいなのですが、それは後で調査することにします。一応バンザイ

2013年10月23日水曜日

iframeを使えばYouTubeの問題は解決するのではないか

なんだ、もう7時を過ぎているんですね。今日は予定通りにEdge Animateの研究を一心不乱にやっていました。よってお絵かきの成果物はありません。かなり優れているツールだということを確信するにいたりました。私の作成する動画は別にFlashなどを使わなくてもできるのではないかと思っています。使い方も結構似ていますから、それほど悪戦苦闘をしなくても良さそうに思われます。こういうのって最初はいつも楽観的に思えるのだけれども・・・・・・。
問題がひとつあります。Edge Animateで作成したアニメーションをこのブログに貼り付けることです。このブログは私のサーバーを使っていません。ということは作成したアニメーションを貼り付けられないということであります。なぜかといいますと、依存ファイルが数個できます。どう考えてもそのファイルの置き場所がないのです。ジャバスクリプトやCSSは無理すればこの中に置くことができますが、使っている画像等は内部に置いても動作しないと思われます。
これは昨日のYouTubeで音楽部分がカットされた問題とも深く関係してきます。それで、YouTubeでこのブログに貼り付けた時のコードを見てみました。なんとそこには実に簡単な発想がありました。iframeタグを使っていたのです。これは自分のサーバーにFlashファイルが動作するだけのHTMLファイルを作成し、同じようにEdge Animateで作成したアニメーションが動作するだけのページを作成して、それをiframeタグで表示させればいいだけの事ではないですか。これはやってみなければわかりませんが、なんとなくこれでいけるような気がします。
これまでiframeなど使う機会も、必要もなかったので試したこともなかったのですが、やって見る価値は充分にありますね。
ん?なんだかお絵かきからは段々と離れていってしまっているような気がします。ま、いいか

AdobeのEdge Animateを今日からやります。

昨日は様々な問題が一斉に噴出してきて、まったくヘロヘロな一日でありました。それはそれでひとまず置いておいて、今日から性懲りもなく、また新しい玩具を触り始めました。それは以前にもちょっとだけ触れましたAdobeのEdge Animateというツールです。まだ一度も起動させたことはないのですが、ネットの様々な情報をつまみ読みするうちに、これはもしかするとかなり使えるものではないかと思えてきたのです。
私のメーンのサイトにはFlashで作成した動画がかなりたくさん使用されています。しかし、昨今はiPhoneやAndroidではFlashに対応しなくなっており、どうしてもFlashに変わるHTML上で動作する動画作成ツールを探していたのです。
最初はFlashファイルをビデオに成形して、貼り付けようと思っていました。これでかなりの動画が救われるのですが、どうしてもビデオではダメだというものが出てきます。例えばFlashで作成されたバナー広告などはそうですね。これはホームページを開いた途端に派手に動きまわりユーザーの関心を引こうというものです。それが、ビデオスタートのボタンを押さなければ動かないとなればその効果はほとんど期待できないものだと思います。
これからの時代はパソコンはほとんど使用されず、スマホとタブレット端末が主流になってくることが予想されます。いや、もうすでにそんな時代なのかも知れません。だからいつまでも、パソコンの画面だけが対象のサイトだけを作っていては置いていかれてしまいます。
そんな時に目についたのがEdge Animateというツールです。このツールでこれまでFlashで作っていた動画を置き換えていこうと考えているのです。ただし、この動画が動作するにはHTML5の形式のホームページでなければなりません。私のサイトはほとんどがHTML4で作成されていますので、これらの膨大なページの変換作業もやらなければいけないわけであります。
でも、もうやる気満々ですから、変換作業は案外簡単に終わるかも知れません。
なにはともあれ、今日からEdge Animateの研究を始めることにします。え?これまでのお絵かきソフトの練習はどうするのかと云われそうですけれども、元はお絵かきソフトで作成した絵をEdge Animateで構成して行くわけですから同時並行の作業となりますね。さてガンバロっと

2013年10月22日火曜日

YouTubeに動画をアップしたら、見事に音声を削られた。

今日はYouTubeに動画をアップしたら、見事に音声を削られてしまいました。別に何が何でもYouTubeにアップしなければいけないものでもないのですが、YouTubeにアップしたほうがこのブログに貼り付けるのも簡単なわけであります。
それに自分のサーバーの場所の節約にもなりますからね。以前YouTubeは著作権に関してはもっと甘かったような気がします。アップロードする時に音楽の部分を自動で監視しているようで、メールで著作権に関する警告を瞬時に送信してきました。動画ファイルの中に音楽に関する情報が埋め込まれているのだろうか?それとも音楽の波形をデータベースと照合しているのだろうか、どちらかはわかりません。これは調べてみる価値はありそうですね。
それならばとFLV形式のファイルを生成させてみましたが、HTMLに貼り付ける方法がわからず断念(もっと調べろよ)mp4ファイルをFlashに読み込ませてSWFファイルとして生成して、HTMLに貼り付けてみましたら、動作しました。それでそのコードをこのブログに貼り付けましたら、何も表示されません。このブログのルールに変更があったのだろうか、これもわからない状態であります。
今日一日は本当にわからない事ばかりに遭遇した日でありました。ま、そのうちにわかる時がくるでしょう。
そして、わからない話はまだ続くのであります。世の中はまさにHTML5に移行しつつありますから、それではHTML5から採用になったVideoタグを使ってみようと思って試してみたのですが、私の作ったビデオの保存形式では、ChromeとSafariでは表示されますが、IEとFirefoxでは表示されませんでした。やはり、別のファイル形式の動画をもうひとつ用意しなければいけないようであります。これって本当に面倒臭い話であります。Videoタグの仕様でソースの規定は、まだはっきりと決められていないそうなのです。やはり、一つのファイル形式でどのブラウザーでも動作してくれないと困ってしまいます。
なんだか本日はぐったりとくる一日でありました。きっと明日は何かいいころがあるかも知れません。それを願って酒でも呑んで寝ることにします。

2013 夏 四国旅 ビデオ完成



ようやく完成したのでアップしましたが、音楽は著作権にひっかかるらしく、ミュートされてしまいました。以前には無かった処置でありました。残念。
これ音楽で誤魔化しているところがかなりあるのです。ま、自分で作ったやつをわざわざYouTubeでみるということもそうあることではないしね。あくまでも練習だからいいのです。

俺もおんなじ枯れすすき

今日の空模様もあんましはっきりしないようですね。洗濯物を本日も根性で乾かさなければならないのであります。しかし、自分で書いておいてなんだけど、根性なんかで洗濯物は決して乾くものではないですよね。
最近は毎日、1枚か2枚の写真をなんらかの手を加えてアップしているわけであります。余計なものを消し去るなんてのはあたり前のことでありまして、周囲をよりぼかしてしまうなんてのも結構使う手であります。
このすすきの写真も余分なものは消して、真ん中のすすき以外は微妙にぼかしています。
一見して、あ、こいつここに修正を加えたな、なんて見破られないように細心の注意を払うのがオモシロイわけでありまして、最近の私の生きがいのようになってきていますね。

 5分間のビデオ編集もようやく、通しで見てもそれほどおかしくない状態まで仕上がってきました。最初は面白がってやっていましたが、だんだんと単純作業の繰り返しで苦痛にさえなってきました。どんな映像でもかなりな労力を必要とするということがわかってきました。だから普段テレビを毛嫌いしていますけど、あんなくだらない番組でも相当に大変なんだろうということが理解できました。
だから、最初のシナリオが重要なんですよね。物語がないというのは致命的な欠陥ですね。またあったとしてもつまらないというのもいけませんね。今回作った動画は、単に写真を繋ぎあわせただけなので、物語も何もまったくないから、自分で編集していてもつまらないものだなと実感できるものでありました。それにビデオの実写部分が10秒もないので、一枚の写真を動かしていかにもビデオで撮っているかのように見せるのに苦労しました。どっちにしてもいろいろ考えさせられる作業でありました。

2013年10月21日月曜日

鮮やかな紅葉です

昼飯前は昼になるのが早いと感じていたのだが、昼飯後は夜がくるのが早いと感じ始めています。
今日はやたらと時間が過ぎるのが早く感じてしまいます。
天気は崩れずになんとか保っています。朝に洗濯物を干す時には半分アキラメていました。雨が降ってくる前で外に干しておいて、降ったら降ったでしょうがないなの気持ちでありましたが、このぶんでいくと夕方までにはなんとか乾くようであります。
紅葉の写真があったのですが、以前は何も気にしていなかったのでありますが、最近は結構気になってしまいます。右側の葉っぱが枯れていて汚いです。

そこで右側の葉っぱを消してしまいました。消すには色々な方法があると思いますが、左側のきれいな葉っぱを選択して切り取り、左側の葉っぱは捨ててしまいました。
そうすると右側が白く色が抜けてしまいますので、グラデーションレイヤーを作成して色を補いました。
ま、こんなもんだろうと思ったのですが、グレーのなんかわからないゴミが下のほうに散らばっています。
やはりこれも気に入らないので、それらの部分も消してしまいました。
まだまだやりようがあるような気がしますけど今のところはこれでやめておきます。



車上生活用のトラックを探してきた?

最近時間の経つのが早く感じられる。もうちょっとでお昼です。今朝は2時に起きたものですから、7時頃に朝ご飯を食べて、またパソコンの前に座って作業をしていたら、いつの間にか寝てしまっていました。たぶん2時間ほど寝ていたらしいのです。そうなると午前中はあっという間に過ぎてしまうわけであります。
そして、問題の昼飯の時間がやってくるのであります。今日はどうしようかな、近くのスーパーに弁当でも買いにいきますか。

ここのところお絵かきの練習ばかりをやっていたので、車上生活のことをまったく考えていなかったのであります。そこでベースとなるトラックでもひとつ探してみようと思って検索した結果がこの写真です。もちろん合成してあります。合成の仕方がちょっとばかり荒っぽいですけれども。もう少し手をいれればそれなりになるとは思います。
このトラックはなんとハイブリッドなんだそうです。2トンのロングボディーを探しているのですが、写真があるのは、普通ボディ-だけですね。積載量が2トンですから、かなりの家を建てられるわけであります。電気が命ですから、バッテリーは10個ほど積もうと思っています。屋根は全体をソーラパネルで覆ってしまいます。緊急用の発電機は50万円ほどしますね。メーカーはデンヨー社と決めているのです。一般的にはホンダとなるでしょうけれども、工事現場で多く使われているのはデンヨー社製ですからね。現代生活に於いては電気が一番重要なインフラであります。

2013年10月20日日曜日

マルチ画面対応HTMLってのはどうなんだろう

季節のせいでしょうか降り続ける雨がなんだか冷たく感じますね。もっとも一日中部屋に閉じこもっていたので、実際に雨に触れたわけではないのですが。
今晩あたりは鍋料理がピッタリとくるような気がしますが、私の思いはたぶん伝わらないのでしょうね。伝わっても完全無視されるから同じことか。

DreamWeaverで、マルチ画面に対応するウイザードというのを発見してやってみました。これは何かといいますと、一つのHTMLで携帯・スマホ・パソコンという複数の端末に対応するものを作ってしまうという、夢のようなものであります。
以前にも私は無謀にもJavaScriptを使って挑戦したのですが、余りの煩雑さに敢え無く撤退した経験があります。それを一瞬にして作成してしまうというのですから驚きであります。やはり中味はJavaScriptを使っているようであります。そうそう思いだしましたAjaxですね。
ただどこかで読んだのですが、マルチ画面対応にするとスマホあたりの動作が遅くなるので、スマホは専用のサイトを用意するのが正しいということであります。私はほとんどスマホでホームページを見ることはないので、どうなんだろうかと迷っています。
昨夜ちょっとだけ弄っただけなので、その結果を試したわけではありません。今のところマユツバなのであります。時間があったらじっくりとやってみたいと思っています。

それから、Flashで動画を作成してGIFアニメーションして吐き出すというのをやってみました。SWFファイルをホームページに貼り付けてもiPhoneでは動作しませんからGIFアニメーションだったらどうだろうかと思ったわけであります。赤い四角がちょっとだけ移動するという実に単純なものでしだが、動作はしますね。バナー広告なんかにしたらいいのかなと思っています。
また同じFlash動画をAVIファイルに書きだして、ビデオ編集のPremiereProに読み込ませてみたら、きちんとビデオとして動きますね。凝ったオープニングを作成するにはいいかも知れません。そんことは、AfterEffectでやればと云わそうですけれども。

またしてもいいツールが出ていますね。まだ良く使い方を理解していないのですが、Edge-Animetoというツールです。予め画像を用意しておいて、画面に貼り付けて動作を指定してやれば、HTML・CSS・JavaScriptのコードを吐き出して、それをそのままHTMLに貼り付ければAjaxのアニメーションとして動作するという優れものであります。これを試すにはまだまだ時間がかかりますね。チュートリアルだけは最後まで見ましたけれども。

時間がいくらあっても足りないな。と言いながら、どれ、そろそろ酒でも呑むかと考えているのでした。

私の学校はインターネットであります。

祭日だろうが、週末だろうが、休日だろうが、朝だろうが、昼だろうが、夜だろうが。そして晴れていようが、雨だろうが、台風だろうが、そのような事にはまったく関係なく画像処理のお勉強は延々に続いているのであります。

いやー久しぶりに学ぶというヨロコビを噛みしめています。私の学校はインターネットでありまして、先生はインターネットの裏側に控えている世界中の達人様たちであります。
長生きはしてみるものであります、こんな素晴らしい世界が開けてくるなんて思いもしないことでありました。

そして、これまで撮った写真やビデオをすべてDVD化することを決意しました。これは一挙にというわけにはいかないので、毎日少しづつでも時間のある時にすることにします。DVD化するには、付随する画像処理技術がかなりたくさん必要とするのです。静止画の処理やビデオ編集技術や字幕スーパーの作成、アニメーションの作成等々があります。大量の反復処理を行うことによって、自然と体に覚えこませていこうという魂胆なのであります。
とはいうものの、たった5分間の動画編集が10日あまり経った現在でもまだ完成していない現実がここにあります。おそらく後10日ぐらいはかかるのではないかと予測しているのでありました。たかだか5分ですよ。

2013年10月19日土曜日

写真に白い枠をつけてみた。

写真に枠をつけてみました。ドロップシャドーをいいかげんにつけて、それを境界線枠を白にしただけであります。
PhotoShopのどこかに画像にキャンバスサイズを合わせるというのがないのかと探したんですが、今のところ見つけることができません。Illustratorにもありませんね。Fireworksにはあったかも知れません。ちょっと探してみますか。もうこうなってくると、何かのソフトを中心に使用するなんてことは、無くなってしまっていて、使えるものならなんでも使ってしまえという気分ですね。

やはりFireworksには画像にキャンバスサイズを合わせるという機能がありました。それでこんどは写真より大きめな長方形を作成して写真の裏側に配置しました。このブログの背景が白ですから良くわかりませんね。
そこで少しだけ枠に色をつけて見ましたが、線がちょっとだけ太かったかな。
しかし、写真に枠をちょっとつけるだけで大騒ぎですね。ま、こうやって少しずつ覚えていくんですけれどもね。
この枠はちょっと太くて嫌ですね、下のが1ピクセルですけども、これぐらいが妥当かな思います。
もっと簡単な枠の付け方もあるのかも知れませんね。今のところ分からずであります。

行きたいな、秋の日の一人旅


田舎の秋の風景はいいですね。心が芯からなごむのがわかります。昨年は11月の中頃に一人旅にでているのですね。この写真は郷里山形の刈り入れの終わった田んぼの風景です。かなり紅葉はしていますが、幼い頃の記憶だともっともっと紅く紅葉していたように思うのだけれど、それは私の勝手な思い込みなのかも知れません。昨年はこのまま初雪が降ってきたと記憶しています。
今年は放浪癖に封印をして、毎日部屋に籠って、お絵かきの勉強に励んでいますが、この季節になると心がうづいてきます。この季節の旅は本当にいいと思います。冷えた体をあったか温泉に沈める快感が最高であります。しょうがないのでこれまで撮りためた旅の写真を見て我慢することにします。

2013年10月18日金曜日

今まで描いたものを集めてみました。

今まで描いたものを集めてみました。自分でもよくやるよと思ってしまいますが、せっかく作ったんだもん、なんにでも利用させてもらわないとね。結局こうした遊びが上達の早道だと思います。こんなもんまじめにやればやるほどアホらしくなってくるし、苦しくなって行きますよね。
なんだって遊びにしてしまえば、苦労をしなくても済むと思っているのであります。
しかし、ひとつも上達しないと思っていたけれど、結構いろんな技とおぼえてきた事を実感しますね。
後ろの絵の向きがちょっとおかしいけれど、訂正するつもりはありません。本日は力が尽きました。

アップしてから気がついたけど、赤いリンゴの影と映り込みがどこかへ消えてしまっていますね。
オブジェクトを移動する時は対になるオブジェクトは必ずグループ化しておくべしということですね。
こういう失敗を重ねて成長していくのであります。

いつの間にかAdobeの虜になってしまって

PhotoShopでは、こんなものも簡単に造れるんですね。だからどうしたと云われればしょうがないのですけれども。これを造るのに要した時間は10秒ぐらいかな。これを色々と回転させる事もできます。形は円筒形や球形などもありますね。
ワインボトルなんていうのもあったので試してみたのが、下の絵です。
これまでAdobeのソフトは敬遠してきたのであります。それは値段が値段ですし、使い方に精通していないものですから、猫に小判でしかなかったわけであります。
Adobeの製品はこれまでバージョンは古いですけれどもいつも手元にはあったのです。
私の場合は手軽に使えるといった意味ではマクロメディアの、FlashだとかFireWorks等々を愛用していました。しかし私の好きなマクロメディアはいつの間にかAdobeに呑み込まれてしまっていたのであります。それで仕方なくAdobeを使うようになりました。まだ使い込んだうちには入らないでしょうけれども、次第にその凄さを実感させられました。

もう完全に脱帽ですね。凄いの一言であります。高い値段だけのことはあります。学習を重ねることによってその感は深くなっていきます。もう完全にAdobeに虜にされているような感じであります。
左の絵はワインボトルというのがすでに用意されていて、それを押すだけで、用意した写真で自動で作られてしまいます。
まだ全部を試したわけではないのですが知っていれば、いつか使える時もあるだろうと思います。まだ今の状態では「だからどうした」だけの話ではありますけれども。マイッタ

Adobe主力商品を同時並行で学習する

あっ!という間に10月の半分が過ぎてしまいました。遅々としてすすまないお勉強でありますが、焦ってはいかん、決して焦らず着実に学習を重ねることが重要だと毎日のように自分に言い聞かせているわけであります。
それで昨日はなんとなく、ブログをサボってしまいました。朝からゴチャゴチャと作業をやっていたにもかかわらず、なんらこれといった成果物をものにすることもできずに終わってしまいました。本日も似たような状況であります。
それで最近感じるのはAdobeのお絵描きソフトのほとんどはユーザーインターフェースが似ているので、まったく違うソフトを学習していても、そこから得るヒントを他のソフトに応用できる事が多いということであります。
だから、現在は一度にたくさんのソフトの学習を同時並行的にやっています。PhotoShop・Illustrator・PremierePro・After Effects・FlashDreamWeaver・FireWorksとAdobeの商品のほとんどをカバーするような状態になってきました。
一見非効率そうに見えますが私にとってはこれが一番適した学習方法のように思われます。
こんな状態ですから時間はいくらあっても足りない始末で、毎日のように録り溜めているテレビ番組も消化する時間はまったくなく、ただ虚しくハードディスクのゴミと化しています。ここらで少し削除しておかないと、以前に録画してあった、残して置きたい映画までが自動で削除されてしまいます。これはちょっと困ってしまいます。

2013年10月16日水曜日

ビデオにロゴを埋め込むにはIllustratorで作成する方が楽です。

PhotoShopで作成したロゴをビデオに埋め込むにはかなりの注意が必要だとわかった。それはBitmapで構成されているから、編集中にサイズの変更を加えると文字が崩れてしまって使い物にならないのであります。
これまで、Illustratorだろうが、PhotoShopだろうが結果が良ければどっちでもいいのではないかと思っていたのですが、ベクトルの画像はサイズをいくら変更しても色も形も崩れないのであります。
ホームページで使用するのであれば、出力はBitmap形式になってしまうのだから、どちらで作成しても構わないということになりますね。
左側のスナップは現在作成中のビデオ映像にベクトル画像をはめ込んだものです。結局作り直してしまいました。
ただ、今自分について云えるのはロゴを作るにはPhotoShopの数倍楽だということです。
同じものをIllustratorではまだ作ることができないのであります。
そのうちになんとかなるでしょうけれども。

ロゴを作るって難しいです

VTRに埋め込むロゴを作ってみたのだが、これがまた難しいのであります。プロのデザイナーに頼むのが一番手っ取り早いと思うのだが、なにせ自分で笑ってしまうほどの貧乏なものでありますから、そんなお金はありません。

 それに最近気がついたのですが、ホームページにしろ、VTRにしろ、ありとあらゆるものにデザインが関係してくるわけでありまして、それを全部デザイナーさんに投げていたら、膨大な資金が必要になるわけであります。だったら自分でお絵かきデザイン関係をやってしまおうと考えたのが発端なわけでありました。
 しかし、理想と現実はかけ離れているのが実態でありまして、ちょっとぐらいお絵描きソフトを齧ったぐらいではプロのデザイナーさんには遠く及ばないわけでありまして、劣等感にさえ悩まされてしまうのでありました。
 「ロゴの作り方」というサイトが無数にあるようなので、それらのサイトを見に行ってみたいと思っています。今回はとりあえずこのロゴをVTRに埋め込んで使用してみることにします。

柿を切り抜いて見る

昼前には荒れ狂った10月の台風も北の方面に急ぎ足で去っていき、再び平和な秋の日になりました。
表の喧騒とは、まったく関係なく動画編集ソフトやお絵描きソフトのお勉強であります。最近はやればやっただけ身についてくるのが実感できるようになり、やり始めた時の苦しさから少しは抜け出たのかも知れないと思い始めています。
ただいつも思うのだけれども、以前できたことが、やろうとするとまったく忘れていたりしますので、時々は過去にやったことを復習をしないといけません。
以前に散々やった矩形で切り抜き、しかも端のほう薄くぼかすということを再びやってみました。
そうです、やっぱり綺麗サッパリとやり方を忘れてしまっていました。ウーン、ウーンとうなり続けること20分ほどの試行錯誤でようやくできました。まだまだダメだということを実感させられました。
そうそう、これの元の写真はRAWでありましたが、PhotoShopに直接読み込んで加工してから一連の作業をやってみました。これは初めての試みであります。この作業はなんだかわかったような、わからないような。

元の写真はこれですね。撮影当時天気が悪かったのでしょう、本当はもっともっと暗くて使い物にならないようなものでありましたが、なんとかここまで明るくしたのです。達人ならばもっと鮮やかな色彩に仕上げたと思うのですが、今の私
はここまでするのが精一杯でありました。









こうすると結構鮮やかになりましたね。柿の葉っぱがウソ臭いですけれども。これは単にレイヤーをコピーして、覆い焼きをかけただけなのであります。その下はそれにドロップシャドーをかけたみたけれど、あまり良くないですね。今日はこのぐらいにしておきましょうか。